武門の神、名古屋三大祭の若宮祭で知られる名古屋総鎮守
[住所]愛知県名古屋市中区栄3-35-30
[電話]052-241-0810

若宮八幡社(わかみやはちまんしゃ)は、愛知県名古屋市中区栄にある神社。近代社格では県社、現在は神社本庁の別表神社。名古屋総鎮守とされる。参拝すれば、御朱印を頂ける。

名古屋市街を東西に貫く100メートル道路である「若宮大通」の名は、当社から採っている。「若宮八幡宮」とも呼ばれる。御祭神は仁徳天皇応神天皇武内宿禰命

天武天皇朝の創祀とも、大宝年間(701年-704年)に現在の名古屋城三の丸の地に創建されたとも伝わり、延喜年間(901年-923年)に再興されたという。

その関係からだろうか、一部に当社を『延喜式神名帳』にある「孫若御子神社(尾張国・愛智郡)」という式内社(名神大社)に比定する見方がある。

ただし、式内社「孫若御子神社」は通常、熱田神宮の境内社である孫若御子神社を指す。

かつては天王社(現 那古野神社)と隣接していたが、天文元年(1532年)の合戦で社殿を焼失し、天文8年(1540年)に織田信秀により再建され、慶長15年(1610年)の名古屋城築城の際に現在地に遷座した。

それより前、豊臣秀吉より200石を寄進され、江戸時代は尾張徳川家の氏神とされ、武神の神・外敵防護・領内鎮護の神として崇敬された。

元禄2年(1689年)には尾張藩藩主徳川光友より社領100石が寄せられるとともに社僧が廃され、社殿の造営がなされた。

明治10年(1877年)3月14日、県社に昇格し、昭和20年(1945年)3月19日の空襲により社殿などが焼失。戦後、昭和32年(1957年)に復旧造営。昭和46年(1971年)7月1日に別表神社に列した。

江戸時代、例祭である若宮祭は名古屋東照宮の東照宮祭、天王社(那古野神社)の天王祭とならんで名古屋三大祭とされ、特に天王祭とは同日であったことから、祇園祭と総称された。現在は別の日。

ただし、名古屋三大祭とする場合、洲崎神社の天王祭を指すとも。

山車七両が神輿とともに名古屋城三の丸の天王社との間を往復し、名古屋城下の目抜き通りであった現在の本町通を練り歩いた。

現在の若宮まつりは、5月16日に行われ、今も残る山車一両(福禄寿車)と神輿が、那古野神社との間を往復する。福禄寿車は名古屋市指定有形民俗文化財。

摂末社に、若宮恵美須神社、連理稲荷社、連理稲荷社奥之院、熊野社・日吉社・香良洲社・天神社・秋葉社合殿、神御衣神社、宮産住吉神社、龍神社がある。

境内には針塚があり、神御衣神社祭として、2月8日には針供養まつりが斎行される。

【ご利益】
武運長久、身体壮健、家内安全、厄祓い(公式HP
若宮八幡社(名古屋市中区) - 武門の神、名古屋三大祭の若宮祭で知られる名古屋総鎮守
【関連記事】
名神大社とは? - 名神祭の対象となる神々、式内社の中でも特異、その細かな特徴は?
愛知県の別表神社 | 別表神社とは? - 神社本庁に属する神社の現代版官国幣社
愛知県の旧県社 | 府県社とは? - 旧県社(縣社)・旧府社、その都道府県の中で有力な神社
愛知県の神社 - 本サイトに掲載されている神社で、愛知県に鎮座している神社の一覧
若宮八幡社(名古屋市中区)の御朱印