市中心部を流れる旭川の東、操山に鎮座、シベリア抑留者などの慰霊碑
[住所]岡山県岡山市中区奥市3-21
[電話]086-272-3017

岡山縣護國神社(おかやまけんごこくじんじゃ、岡山県護国神社)は、岡山県岡山市中区奥市にある神社。近代社格では内務大臣指定護国神社、現在は神社本庁の別表神社全國護國神社會の一社。参拝すれば、御朱印を頂ける。

岡山市中心部を流れる旭川の東、操山(みさおやま)の緑に囲まれた静かな場所に鎮座している。御祭神は岡山県出身ならびに縁故ある殉国の英霊。

岡山藩主であった池田章政が、明治2年(1869年)4月3日に現在の後楽園公園裏竹田河原において、奥羽戦争戦死者である雀部八郎時宜など34柱の招魂祭を挙行し、6月に上道郡門田村幣立山地180坪に社殿と碑石を建立し、奥羽、函館両戦争戦死者を祭祀したのが起源。

明治7年(1874年)3月17日に官祭となり、岡山招魂社となった。大正4年(1922年)に現在地に移転、4月26日に社殿が竣工した。

昭和14年(1939年)4月1日に内務大臣指定と共に現社号に改称した。戦後の一時期は連合国の占領政策により「操山神社」としていたが、昭和27年(1952年)に現社号に復帰した。

戦後になり改修工事などが行われている。昭和37年(1962年)10月23日、昭和天皇、香淳皇后が親拝。昭和44年(1969年)4月3日、創立100年大祭を執行した。

境内には戦死者の慰霊碑が数多く建立されており、シベリア抑留者や宇垣纒海軍中将と十七勇士の菊水慰霊碑などがある。岡山県神社庁がある。

例祭は春季が5月6日、秋季が10月6日。いずれも前日に岡山県戦歿者慰霊祭が行われ、その翌日に慰霊大祭として斎行される。

8月15日・16日に萬燈みたま祭が開催される。

【ご利益】
家内安全、交通安全、厄除け、身体健全、合格祈願、病気平癒など(公式HP
岡山縣護國神社 - 市中心部を流れる旭川の東、操山に鎮座、シベリア抑留者などの慰霊碑
【関連記事】
全國護國神社會とは - 全国護国神社会、靖国神社が紐帯、巡拝や御朱印収集巡りも人気
内務大臣指定護国神社 - 近代社格の一つ、一県一社の護国神社、全國護國神社會の前身
岡山県の別表神社 | 別表神社とは? - 神社本庁に属する神社の現代版官国幣社
岡山県の神社 - 本サイトに掲載されている神社で、岡山県に鎮座している神社の一覧
岡山縣護國神社の御朱印