「東北のお伊勢さま」、明治期に異例の遥拝所からスムーズに神社として成立
[住所]福島県郡山市開成3-1-38
[電話]024-932-1521

開成山大神宮(かいせいざんだいじんぐう)は、福島県郡山市開成にある神社。近代社格では県社。「東北のお伊勢さま」と呼ばれる。参拝すれば、御朱印を頂ける。

拝殿にある神号は、明治天皇の側近として知られる有栖川宮熾仁親王による書。

御祭神は、天照大御神豊受大神神倭伊波禮彦命

安積開拓の開拓民の精神的なよりどころにするため、福島県の典事の中條政恒が伊勢の神宮(伊勢神宮)の分霊の奉遷を神宮司庁へ働きかけた結果、明治9年(1876年)に認可がおりて創建。

明治6年(1873年)当初は「遥拝所」として計画され、翌明治7年(1874年)10月までに本殿と拝殿が竣工した。

明治8年(1875年)12月3日、中條は地元から上がってきた皇大神宮(内宮)の御霊代を奉祭する神社建設の願書を教部大輔宛てに送付したが、教部省は神宮司庁へ認可を求めるように通達した。

東京(現 東京大神宮)や横浜(現 伊勢山皇大神宮)でさえ遥拝所であり、許可が容易に得られないと考えた中條は旧知の仲であった大教正・西涼寺雪辰に働きかけてもらい、神宮司庁から許可を得たという。

こうして明治9年(1876年)1月29日に太政大臣が認可し、8月4日に現社号が決定した。

地元では「岩代大神宮」を希望したが、「伊勢神宮」と同じように旧国名を冠することに政府が難色を示したため、実現しなかったという。

猪苗代湖から導水した安積疏水の起業式は明治12年(1879年)12月27日に挙行、通水式は明治15年(1882年)10月1日に岩倉具視右大臣ほか要人を招いて当宮で執り行われた。

奉遷100年となる昭和50年(1975年)には、伊勢神宮より用材の撤下を受けて本殿を、そして神楽殿、宝物殿、神札授与所を造営し、同60年(1985年)の御奉遷百十年祭には祈祷者参集所を造営した。

【ご利益】
子孫繁栄、生活全般、衣食住の守護神(公式HP
開成山大神宮 - 「東北のお伊勢さま」、遥拝所からスムーズに神社へ、日本七神明の一社
【関連記事】
福島県の旧県社 | 府県社とは? - 旧県社(縣社)・旧府社、その都道府県の中で有力な神社
福島県の神社 - 本サイトに掲載されている神社で、福島県に鎮座している神社の一覧
開成山大神宮の御朱印