読み:みょうつうじほんどう
員数:1棟
種別:建造物の部 近世以前/寺院
時代:鎌倉前期 正嘉2年(1258年)
重文:1901.03.27(明治34.03.27)
国宝:1953.11.14(昭和28.11.14)
都道府県:福井県
所在地:小浜市門前
所有者:明通寺
管理者:-

明通寺の本堂は、正嘉2年(1258年)上棟、文永2年(1265年)落成。石垣の基壇上に建つ入母屋造、檜皮葺きの建物。

平面は桁行(間口)五間(14.72メートル)、梁間(奥行)六間(14.87メートル)である。屋根や隅軒の悠然とした勾配は鎌倉時代の特色を示す。

正面側を全て蔀戸とした住宅風の外観をもつ。和様を基調としつつ、内部の構架には禅宗様の要素も取り入れている。

堂内は内部空間を内陣と外陣(礼堂)に明確に区画する中世仏堂特有の構成で、寛政11年(1799年)に内陣を拡張したとの記録がある。大正12年(1923年)に解体修理している。

屋根の勾配のきつさと、柱と柱の間を幅広くとるなど建築資材の使い方や組み方が豪壮で、武家社会の円熟期を象徴しているとされる。

なお、明通寺は三重塔も国宝に指定されている。
国宝「明通寺本堂」(福井県小浜市)