博多祇園山笠行事(はかたぎおんやまかさぎょうじ)
種別1:風俗慣習
種別2:祭礼(信仰)
公開日:毎年7月1-15日
指定日:1979.02.03(昭和54.02.03)
都道府県:福岡県
所在地:櫛田神社(福岡市博多区)

博多祇園山笠行事は、承天寺開山の聖一国師(圓爾弁圓)が施餓鬼棚に乗り、疫病退散を祈願したことに由来するという。

櫛田神社(福岡県福岡市博多区)の夏祭に奉納されるこの行事は、博多の呉服流・東町流・西町流・土居流・洲崎流・石堂流・魚ノ町流の各流(ながれ)を基盤に継承され、現在にいたっている。

7月1日の辻祈祷にはじまり、各流(町内)ごとに山笠の飾り付けなどをなすとともに、神霊を山笠に移すオカミイレの儀礼をなし、8日または9日には神に供える汐井とりをし、10日には流舁き、11日には朝山・他流舁きと続き、12日には追山ならしと称して各山笠が櫛田入りを競う、

さらに13・14日両日も流舁き・他流舁きと山笠舁きがなされた後、15日には追山笠と称して早朝に各山笠の櫛田入りが競われる。

往時は差山笠・堂山ともに高さ二十数尺の山笠をそのまま舁きまわっていたが、市街地化に伴って丈の高いものは舁くことができなくなり、飾り山笠として各町内に据えるものと、これと別に高さ9尺に制限した山笠を作って舁くように変化した。

山笠舁きは会所における協議にもとづき、大老・中老・若者中等の年齢階梯制に応じて役割を分担するほか、台あがり、棒さばきおよび舁き役は揃いのはっび・はちまき姿で、特に舁き役はタスキと呼ばれる繩を使って山笠舁きに臨むなど、その諸行事は勇壮豪快である。

九州北部における山笠の神幸行事の典型例の一つとして重要である。

保護団体名:博多祇園山笠振興会
重要無形民俗文化財「博多祇園山笠行事」 - 九州北部における山笠の神幸行事の典型例
【関連記事】
櫛田神社(福岡市博多区) - どんたく、祇園山笠、おくんちで知られる福岡祭りの拠点
櫛田宮 - 吉野ヶ里遺跡と同時代の創建、福岡市の櫛田神社の元宮、隔年で「みゆき大祭」
福岡県の重要無形民俗文化財 - 都道府県別に整理