【日刊】日本の城
名称:岡崎城(おかざきじょう)
別称:龍城

史跡:市の史跡
国宝:-
重文:-

住所:愛知県岡崎市康生町561 岡崎公園内
日本100名城:第45番
  - スタンプ:天守1階

岡崎城(おかざきじょう)は、三河国(今の愛知県岡崎市)にあった、江戸期には岡崎藩の藩庁などにも機能した日本の城である。

築城年は享徳元年(1452年)で、廃城年は明治6年(1873年)。天守の築造年は1617年(複合連結式望楼型3重3階、非現存)、1959年(昭和34年)復興(RC造)。主な築城者は西郷稠頼・頼嗣(三河国守護仁木氏の守護代)で、主な改修者は松平清康、田中吉政である。

菅生川と矢作川の合流地点にある龍頭山という丘陵を利用して造られている。元は、龍頭山の砦として三河国仁木氏の守護代であった西郷稠頼(つぎより、つぐより、又は、ちかより)、そして、その子頼嗣(よりつぐ)が北方に対する防御として築城したもの。

当時は、龍燈山城(りゅうとうざんじょう)と呼んだ。それを、松平清康が西郷信貞(松平昌安)から奪い取り改修、拡張、整備したものが岡崎城である。

龍頭山はもともと小高い丘で、山頂に本丸が置かれた平山城として築かれていたが、本多康重から三代忠利(1600年(慶長5年)-1645年(正保2年))にわたる改修によって平城となった。

この際、本丸に複合連結式望楼型三重三階の天守(1617年(元和3年))が建てられた。

本丸の北方に持仏堂曲輪、その北方下に二の丸、その北方に北曲輪、二の丸の東側には三ノ丸と東曲輪、その東に備前曲輪と大手門があった浄瑠璃曲輪、本丸と二の丸の西方下に坂谷曲輪、その西に白山曲輪と搦手口に当たる稗田門があった稗田曲輪、本丸の南は、菅生川沿いに菅生曲輪があり、それに、本丸から北側へ六重、西側へ四重の外堀を廻らせていた。

存城当時の東海地方の城では三番目に数えられる規模であったが、1873年(明治6年)の廃城令によって廃城となり、城内の天守以下の建物及び土地を払い下げ、現在は一切の建物を失い、本丸と周辺の持仏堂曲輪、隠居曲輪、風呂谷等の曲輪と石垣、堀などの遺構を残すのみ。

敷地は龍城神社、岡崎公園として整備され、城戸久名古屋工業大学名誉教授設計による天守などが復興され、市民の憩いの場になっている。

東隅櫓が2010年(平成22年)3月に再建された。望楼式二重櫓と呼ばれる木造二階建で、入り母屋造りの屋根は、岡崎藩主を務めた本多氏の家紋立ち葵が刻まれた本瓦葺き。壁は白漆喰塗り。高さ約9.4メートルで、かつて東曲輪だった岡崎公園駐車場の南東角に位置する。

1781年(天明元年)の「岡崎城絵図」を基本資料としているが、東隅櫓の図面は現存しなかったため、愛媛県松山市に現存する同時代の松山城の野原櫓などの形式を参考にして、江戸時代の工法を忠実に再現し建設した。

城内で発掘された石材を使い、空積みの石垣も築いた。隣接して同時に整備した長さ約45メートルの城壁と合わせ、総工費は約1億円。年中無休で内部を公開している。

日本さくら名所100選と日本の歴史公園100選に「岡崎公園」として選ばれている。

岡崎市のキャラクターとして有名なのが「オカザえもん」。その陰に隠れるように存在している、「味噌崎 城」(みそざきじょー)というキャラクターがいる。
岡崎城 三河国(愛知県岡崎市) - サムネイル写真
【関連サイト】
岡崎城天守閣 - 岡崎公園

【関連記事】
龍城神社 - 龍伝説に彩られた徳川家康生誕地・岡崎城隣りに家康と本多忠勝を祀る東照宮
六所神社(岡崎市) - 徳川家康の産土神、将軍家の崇敬、現社殿は家光による造営で重文