生地に二宮尊徳を祀る、小田原城址公園内にある神社
[住所]神奈川県小田原市城内8-10
[電話]0465-22-2250

報徳二宮神社(ほうとくにのみやじんじゃ)は、神奈川県小田原市、小田原城があった小田原城址公園内にある神社。近代社格では県社、現在は神社本庁の別表神社

御祭神は二宮尊徳翁。二宮尊徳を祀る報徳二宮神社、あるいは単に二宮と称する神社の一つ。

二宮尊徳は報徳社を設立して農村の救済・教化運動を行っていたが、尊徳が安政3年(1856年)に亡くなった後も報徳社は存続し、関東・東海地方を中心に活動を行っていた。

明治24年(1891年)に尊徳に従四位が贈られると、報徳社員の間で尊徳を祀る神社創建の動きが起き、明治27年(1894年)4月15日、尊徳の生地である小田原の小田原城址内に鎮座した。

境内には複数の二宮金次郎像がある。附属施設として、報徳会館、報徳博物館(尊徳や報徳社の関係資料を蒐集保管する)がある。

本殿は神明造。拝殿礎石は、天保の大飢餓(1833年-1839年)の際、藩主大久保公の命により尊徳翁が小田原城内の米蔵を開き、米が人々の手にわたったことにより、小田原11万石の領内から一人も餓死者も出さずにすんだという、その米蔵の礎石が用いられている。

例祭は4月15日。

【ご利益】
安産祈願、厄除け、災い除け、学業成就、合格祈願など(公式HP
報徳二宮神社(小田原市) - 生地に二宮尊徳を祀る、小田原城址公園内にある神社
【関連記事】
[日本全国]初詣で人気の神社、その人出は? 参拝者数ランキング | 神奈川県
『日本の神社全国版(112) 2016年 4/5 号 [雑誌]』 - 相模・武蔵の湊を鎮守する、神奈川県
神奈川県の別表神社 | 別表神社とは? - 神社本庁に属する神社の現代版官国幣社
神奈川県の旧県社 | 府県社とは? - 旧県社(縣社)・旧府社、その都道府県の中で有力な神社
神奈川県の神社 - 本サイトに掲載されている神社で、神奈川県に鎮座している神社の一覧