仁徳天皇:煙立つ民のかまどは賑ひにけり (ミネルヴァ日本評伝選)
・刊行:2015/7/10
・著者:若井敏明
・出版:ミネルヴァ書房

・『仁徳天皇:煙立つ民のかまどは賑ひにけり (ミネルヴァ日本評伝選)』をアマゾンで購入

日本最大の前方後円墳・大仙陵古墳(大山古墳、大仙古墳、仁徳天皇陵古墳などとも)の被葬者として知られ、「竈の煙」の伝承から聖帝ともされる第十六代仁徳天皇

本書では、『古事記』『日本書紀』を徹底的に読み解き、ヤマト政権確立期に活躍した人物像を明らかにする。

[ここがポイント]
◎仁徳天皇はいかなる役割を果たしたのか
◎聖帝伝説はどのように生まれたか