中期古墳とその時代―五世紀の倭王権を考える (季刊考古学別冊 22)
・刊行:2015/4/24
・著者:広瀬和雄
・出版:雄山閣

・『中期古墳とその時代―五世紀の倭王権を考える (季刊考古学別冊 22)』をアマゾンで購入

広瀬和雄【ひろせかずお】

国立歴史民俗博物館名誉教授

1947年京都市生まれ。大阪府教育委員会、大阪府立弥生文化博物館勤務ののち、奈良女子大学大学院教授。

主な著書に、『古墳時代像を再考する』(同成社)、『カミ観念と古代国家』(角川叢書)、『前方後円墳の世界』(岩波新書)などがある。