古代出雲で何が起こったか――不比等の恐るべき謀略の全容を解明する――
・刊行:2015/5/23
・著者:坂本屋三郎
・出版:青山ライフ出版

・『古代出雲で何が起こったか―不比等の恐るべき謀略の全容を解明する』をアマゾンで購入

島根県の斐伊川も鳥取県の日野川も、古代朝鮮語の「血の川」という意味であるが、これは何を意味するのか?

古代随一(48メートル)の超高層木造建築だった出雲大社! 誰が、いつ、何のためにこの建物を造ったのか?

大和政権はオホナモチ(大国主=オオクニヌシ)信仰の西出雲族をどのように掌握したのか?

謎に満ちた古代出雲を徹底究明する。

出版社コメント
古代という時代が神秘のベールに覆われたものではなく、人間味の感じられる近しいものに見えてくる本です。