南朝スーパースター楠木正成の本宮、徳川光圀の顕彰碑建立が起源
[住所]兵庫県神戸市中央区多聞通3-1-1
[電話]078-371-0001

湊川神社(みなとがわじんじゃ)は、兵庫県神戸市中央区にある神社。南朝方最大の英雄・楠木正成を祀り、地元では親しみを込めて「楠公(なんこう)さん」と呼ばれる。参拝すれば、御朱印を頂ける。

建武中興十五社の一社で、近代社格では別格官幣社、現在は神社本庁の別表神社。神仏霊場巡拝の道70番(兵庫5番)。長田神社生田神社とともに神戸市を代表する神社の一社、神戸三社などとも。

主祭神は、贈正一位橘朝臣(楠木)正成公(楠木正成)。

配祀神は、贈従二位楠木正行卿、贈正三位楠木正季卿、菊池武吉命・江田高次命・伊藤義知命、箕浦朝房命・岡田友治命・矢尾正春命、和田正隆命・神宮寺正師命・橋本正員命、冨田正武命・恵美正遠命・河原正次命、宇佐美正安命・三石行隆命・安西正光命、南江正忠命。

摂社甘南備神社(御祭神:大楠公御夫人滋子刀自命)が本殿に合祀されている。

正成は、河内に本拠地をおいた武将で、元弘元年/元徳3年(1331年)に後醍醐天皇に応じて挙兵し、鎌倉幕府倒幕に貢献する。

建武の新政後の足利尊氏の反乱において、九州から京都に向かう尊氏を摂津国湊川の地で迎え打ち、新田義貞らとともに戦うが、延元元年/建武3年(1336年)5月25日に敗退し自刃する。大楠公と呼ばれる。

配祀神の楠木正行は主祭神・楠木正成の子。正成が大楠公と呼ばれるのに対して、楠木正行は小楠公と呼ばれる。正行は大楠公の死後も南朝側として戦い、河内の四條畷の戦いで破れて自刃。大阪府の四條畷神社で祀られている。

配祀神の楠木正季は正成の弟。兄とともに湊川の戦で敗れる。『太平記』では、兄と刺し違えて死んだとされ、死に際に「七生滅敵」と誓ったと描かれている。

『太平記』では、正成正季の兄弟とともに一族十六名も自刃したとしており、これら16柱の神霊も正季らと供に配祀されている。

そのうち、菊池武吉は熊本の菊池神社で祀られる菊池武時の七男で、菊池武重の弟。兄とともに新田義貞の軍で戦っていたが、楠木正成らの自刃の場に居合わせたためにともに自刃したという。

現在の社地に楠木正成を祀る施設を設け、祭祀を行うという意味では、元禄5年(1692年)、徳川光圀の楠木正成墓碑の建立が現在の湊川神社の起源といえる。

享保20年(1735年)3月21日、墓前で楠公400年祭が行われ、天保6年(1835年)には500年祭が有志により行われている。

他の建武中興十五社や、多くの別格官幣社とは違い、南朝のスーパースターを祀る神社であるため、神社創建は早くから、多くの団体や部署が建議してきた。

明治2年(1869年)に墓所を含む現社地が確定され、明治4年(1871年)には社格と社名が定まり、明治5年(1872年)に創建される。

敗死した日、5月25日(当日を本祭としてその前後)には楠公祭(楠公まつり)が行われる。

【ご利益】
智・仁・勇の三徳、誠忠と正義(公式HP
湊川神社 - 南朝スーパースター楠木正成の本宮、徳川光圀の顕彰碑建立が起源
【関連記事】
神戸三社 - 新旧織り交ぜた神戸の顔、東西斜めラインに鎮座する生田・湊川・長田の各社
建武中興十五社とは? - 後醍醐天皇の建武新政を御霊として祀り上げるため? のような印象
別格官幣社とは? - 戦国武将や維新原動力の藩主、建武新政の功労者、英霊など
日本の軍神 - 神話・古代から中世、近代までの系譜、武運長久・勝運、勝利を導く神々

[日本全国]初詣で人気の神社、その人出は? 参拝者数ランキング - 兵庫県 - 武将
『日本の神社全国版 (63) 2015年 4/28 号 [雑誌] 』 - 生田神社、長田神社、湊川神社
兵庫県の別表神社 | 別表神社とは? - 神社本庁に属する神社の現代版官国幣社
兵庫県の神社 - 本サイトに掲載されている神社で、兵庫県に鎮座している神社の一覧
湊川神社の御朱印