出雲大社の「祖神さま」、アマテラスとスサノヲの姉弟を祀る古社
[住所]島根県出雲市大社町日御碕455
[電話]0853-54-5261

日御碕神社(ひのみさきじんじゃ)は、島根県出雲市にある神社。通称「みさきさん」。ほど近くに鎮座する出雲大社の「祖神(おやがみ)さま」として崇敬を集める。

『延喜式神名帳』にある「御碕神社(出雲国・出雲郡)」に比定される式内社(小社)。近代社格では国幣小社、現在は神社本庁の別表神社。出雲國神仏霊場20番。

出雲の国造りをした素盞嗚尊が根の国(黄泉の国)より、「吾が神魂はこの柏葉の止まる所に住まん」と柏の葉を投げて占ったところ、柏葉は風に舞い当社背後の「隠ヶ丘」に止まったことが由来。

その後、素盞嗚尊の五世の孫、天葺根命(あめのふきねのみこと)がこの地に素盞嗚尊を奉斎したといわれる。

上の本社(神の宮)の縁起であり、一説には第3代安寧天皇13年、勅命により祀られたともされる。

下の本社(日沈の宮・日沉の宮、ひしずみのみや)の創建は、伊勢の神宮が「日の本の昼を守る」のに対し、日御碕神社は「日の本の夜を守れ」 との「勅命」を受けたことによる。

当初はこの言葉通り、この場所から程近い海岸(清江の浜)の経島(ふみしま)で天照大御神を奉斎していた。

その後、天葺根命が経島に赴いた時、天照大神が降臨し「我天下の蒼生(国民)を恵まむ、汝速かに我を祀れ」との神勅があり、現在の地に大御神を祀った。

よって、御祭神は下の本社が天照大御神、上の本社が神素盞嗚尊。天暦2年(948年)、村上天皇勅命により、総称して日御碕大神宮とされた。

天葺根命は古事記にはアメノフユギヌノカミとして登場し、スサノヲ六世の孫であるオオクニヌシ(出雲大社に鎮座)の父であるため、当社が出雲大社の祖神と言われる所以となった。

例祭は8月7日。例大祭、神幸祭で、夕日の祭。毎年旧暦1月5日に宇龍港の権現島に鎮座する熊野神社で、和布刈神事が行われる。

第13代成務天皇6年1月5日の早朝、一羽のウミネコが海草を当社の欄干に3度掛けて飛び去った。不思議に思った神主がそれを水洗いして乾かしたところ、ワカメになった、という故事にならって行なわれる神事。

浜辺から権現島までの間に6隻の船が大漁旗をなびかせて並び、神主の渡島を待つ。神主が箱めがねで新しいワカメを刈り上げる。「日御碕わかめ」は、この神事が終わってから初めて刈り取るしきたり。

鎌倉時代に塩冶高貞が寄進した白糸威鎧兜・大袖付が国宝に指定されている。下の本社、上の本社の社殿の多くが国の重要文化財に指定され、南北朝時代に名和長年が寄進した藍韋威腹巻も重要文化財。

経島は現在、ウミネコの繁殖地としても有名で、国の天然記念物に指定されている。参拝すれば、御朱印を頂ける。

【ご利益】
厄除け、縁結び
日御碕神社 - 出雲大社の「祖神さま」、アマテラスとスサノヲの姉弟を祀る古社
【関連記事】
近代社格の国幣小社とは? - 官幣小社5社に比して10倍の実に50社、一宮もいくつか含む
国宝が伝わる神社 - 所蔵、所有、由来している美術工芸品が国宝に指定されている神社
神社の創建年代 - 神代から、神武・神功・継体、そして昭和期まで、主な神社を順に並べた
相川七瀬 - 『神結び 日本の聖地をめぐる旅』に掲載されている神社 - 東国・奈良・熊野・出雲

『日本の神社全国版(104) 2016年 2/9 号 [雑誌]』 - 出雲、日本神話の英雄最期の到達地
島根県の別表神社 | 別表神社とは? - 神社本庁に属する神社の現代版官国幣社
島根県の神社 - 本サイトに掲載されている神社で、島根県に鎮座している神社の一覧
日御碕神社の御朱印