出雲国二宮、出雲大社と並び称される三大社の一つ、「佐陀神能」も有名
[住所]島根県松江市鹿島町佐陀宮内73
[電話]0852-82-0668

佐太神社(さだじんじゃ)は、島根県松江市にある神社。『延喜式神名帳』にある「佐陁神社(出雲国・秋鹿郡)」に比定される式内社(小社)。出雲国二宮で、近代社格では国幣小社、現在は神社本庁の別表神社。出雲國神仏霊場第四番。「佐陀神能」がユネスコの無形文化遺産、国の重要無形民俗文化財に指定されている。

御祭神は正殿に佐太御子大神、伊弉諾尊伊弉冉尊、速玉男命、事解男命。北殿に天照大神瓊々杵尊。南殿に素盞嗚尊、秘説四柱。全部で十二柱が祀られている。また、出雲国秋鹿郡の式内社「宇多紀神社」(御祭神:下照姫命)を合祀している。

佐太御子大神は『出雲国風土記』に登場する佐太大神と考えられる。佐太大神は神魂命の子の枳佐加比売命を母とし、加賀の潜戸で生まれた。神名の「サダ」の意味には「狭田、すなわち狭く細長い水田」という説と「岬」という説とがある。

明治維新時に神祇官の命を受けた松江藩神祠懸により、平田篤胤の『古史伝』の説に従って祭神を猿田彦命と明示するように指示されたが、その際当社側はそれを拒んだ。現在、当社は、佐太御子大神が猿田彦大神と同一神としている。

『秋鹿郡佐田大社之記』に第11代垂仁天皇54年の創建で、養老元年(717年)に再建されたとある。『出雲国風土記』の記述から、もとは神名火山(現:朝日山)のふもとに鎮座していたと考えられている。

『出雲国風土記』秋鹿郡条に「佐太御子社」と記載されている。『出雲国風土記』に「大神」とあるのは、熊野大神所造天下大神野城大神と佐太大神の当社のみであり、出雲の四大大神の一つである。

中世に入ると「佐陀大明神」とか「佐陀大社」「佐陀三社大明神」などと呼ばれるようになった。出雲国三大社として、杵築大社(現:出雲大社)、熊野大社と並び称された。明治に入り現在の「佐太神社」に改称した。

康元元年(1256年)の『社領注進状』(出雲大社所蔵)によれば280丁と、杵築大社に匹敵するほどの社領を有していたという。宝永3年(1706年)の『佐陀大社勘文』によれば、島根郡と秋鹿郡に7000石の社領と224人の神人を有していたが、太閤検地によって大幅に減じられ、堀尾吉晴の時代になって200石まで回復したという。

江戸時代に入ると杵築大社とともに出雲国内の神社を管轄し、それらを支配する「触下制度」を確立。当社の管轄は島根郡、秋鹿郡、意宇郡の西半分と楯縫郡の神社。

建造物や工芸品など多数が国の重要文化財に指定されている。佐太大神の出生地である加賀の潜戸は有名な観光地となっており、4月から10月の間に、遊覧船が出ている。当社に参拝すれば、御朱印を頂ける。

境内には、出雲国秋鹿郡の式内社「日田神社」(御祭神:稲田姫命)、「御井神社」(御祭神:不詳。御井神か)、「垂水神社」(御祭神:罔象女神)がある。

【ご利益】
現在は地域の氏神であるが、その歴史は重厚で、出雲全体、さらには日本でも著名な神社の一つ。サルタヒコ、熊野系などの御神徳が考えられる(公式HP
佐太神社 - 出雲国二宮、出雲大社と並び称される三大社の一つ、「佐陀神能」も有名
【関連記事】
近代社格の国幣小社とは? - 官幣小社5社に比して10倍の実に50社、一宮もいくつか含む
出雲国三大社とは? - 出雲大社、熊野大社、佐太神社の出雲国一宮と二宮 風土記以来の古社
出雲の四大大神 - 『出雲国風土記』に記載された中で「大神」と尊称された四柱の神々
神社の創建年代 - 神代から、神武・神功・継体、そして昭和期まで、主な神社を順に並べた
相川七瀬 - 『神結び 日本の聖地をめぐる旅』に掲載されている神社 - 東国・奈良・熊野・出雲

重要無形民俗文化財「佐陀神能」 - 佐太神社の御蓙替祭、ユネスコ無形文化遺産
佐陀神能スサノヲ面 - ヤマタノオロチ退治に向かう険しい目と眉、厳めしい髭が特徴
佐陀神能ヤマタノオロチ面 - 16の目を付けて、8つの頭を表す、機能的かつ凶悪な面相
島根県の別表神社 | 別表神社とは? - 神社本庁に属する神社の現代版官国幣社
島根県の神社 - 本サイトに掲載されている神社で、島根県に鎮座している神社の一覧
佐太神社の御朱印