筋金入りの長崎くんちが有名、三社が合併して戦国期に創建される
[住所]長崎県長崎市上西山町18-15
[電話]095-824-0445

諏訪神社(すわじんじゃ)は、長崎県長崎市にある神社。近代社格では国幣中社、現在は神社本庁の別表神社。通称をつけて、鎮西大社諏訪神社とも。地元では「お諏訪さま」「おすわさん」と呼ばれる。10月7-9日の例祭は長崎くんちとして有名。参拝すれば、御朱印を頂ける。

弘治年間(1555-1557年)までに長崎で祀られていた諏訪神社、森崎神社、住吉神社の三社が起源。弘治元年(1555年)に、長崎織部亮為英が京都の諏訪神社の分霊を、現在の風頭山の麓に奉祀したのが始まりという。

戦国時代に当地はキリスト教徒の支配地となり、当社を含めて領地内の社寺は全て破壊された。江戸時代に入った後の寛永2年(1625年)、長崎奉行・長谷川権六や長崎代官・末次平蔵の支援によって佐賀の修験者であった初代宮司の青木賢清(かたきよ)が、円山(現在は松の森天満宮の鎮座地)に三社を再興し、長崎の産土神とした。

正保4年(1641年)に幕府より現在地に社地を寄進され、慶安4年(1651年)に遷座した。安政4年(1857年)9月に火災により焼失したが、孝明天皇の勅諚により明治元年(1868年)に再興した。大正10年に国幣中社に列格し、第二次大戦後は神社本庁の別表神社となった。

長崎くんちの奉納は、寛永11年(1634年)に丸山町・寄合町の両町が踊りを奉納したのが始まりである。1945年(昭和20年)10月7日、原爆が投下されてからわずか59日目にして、長崎くんちが行われたという筋金入り。日本三大祭、日本三大くんちの一つ。「長崎くんちの奉納踊」として国の重要無形民俗文化財に指定されている。

御祭神は諏訪神社が建御名方神、八坂刀売神(やさかとめのかみ。タケミナカタの后神)。森崎神社が伊邪那岐神伊邪那美神。住吉神社が住吉三神底筒男命中筒男命表筒男命の三柱)。

当社参道の敷石には、男石と女石が、幾何学的な紋様で埋め込まれており、男性は女石、女性は男石を踏んだ後、拝殿前の両性が合体した石(SEXを象徴した両性合体石)を踏んで参拝すると、縁結びの願い事が叶うと言われている。いわゆる縁結びの陰陽石と呼ばれるもの。

亀山八幡宮昊天宮とともに長崎三社参りの一社。伊勢宮神社松森天満宮とともに長崎三社、またその三社に中川八幡神社水神神社を含めると長崎五社となる。

なお、海上自衛隊の護衛艦「すずつき」の艦内神社に分祀しているという。当社は日本のプロサッカーリーグ、JリーグのV・ファーレン長崎が必勝祈願を行う神社である。また、全国東照宮連合会に加盟している。

【ご利益】
厄除け、縁結び、海上守護(公式HP
諏訪神社  - 筋金入りの長崎くんちで知られる、三社が合併して戦国期に創建される
【関連記事】
近代社格の国幣中社とは? - 北海道から九州地方までまんべんなく分布、一宮も多い
長崎三社と長崎五社 - 諏訪神社、伊勢宮、松森天満宮の三社と、中川八幡、水神神社の二社
長崎三社参り - 長崎市の諏訪神社・大村市の昊天宮・佐世保市の亀山八幡宮のご利益巡り
Jリーグ必勝祈願の社 - 各チームがシーズン前に必勝祈願を行う・行っていた神社の一覧
東照宮とは? - 薨去400年の東照大権現たる徳川家康を祀る、全国100社以上が現存する神社

艦内神社とは? - 日本特有の「恐怖の海」への対処法 - 自衛艦の艦内神社
[日本全国]初詣で人気の神社、その人出は? 参拝者数ランキング | 長崎県
重要無形民俗文化財「長崎くんちの奉納踊」 - 400年続く市民生活に定着した長崎の行事
『日本の神社全国版 (86) 2015年 10/6 号 [雑誌]』 - 長崎「西海道の海と陸を見守る神々」
長崎県の別表神社 | 別表神社とは? - 神社本庁に属する神社の現代版官国幣社

長崎県の神社 - 本サイトに掲載されている神社で、長崎県に鎮座している神社の一覧
諏訪神社(長崎市)の御朱印
すずつき - Wikipedia