宗像三女神を「田島三神」として祀る、神代創建の肥前国最古の神社
[住所]佐賀県唐津市呼子町加部島3965
[電話]0955-82-3347

田島神社(たじまじんじゃ)は、佐賀県唐津市呼子町加部島にある神社。

『延喜式神名帳』にある「田島坐神社(肥前国・松浦郡)」に比定される式内社(名神大社)。近代社格では国幣中社、現在は神社本庁の別表神社。参拝すれば、御朱印を頂ける。

田心姫尊市杵島姫尊湍津姫尊を主祭神とし、「田島三神」と称する。これは宗像大社の御祭神である宗像三女神と同じ。大山祇神稚武王尊を配祀する。

創建年代は神代と伝えられ、肥前国最古の神社とされる。当社自身は日本及び九州全体でも最古級としている。鎮座地の加部島はかつては姫島・姫神島と呼ばれていた。

最も古い記録は、『松浦古事記』の天平3年(731年)、相殿に稚武王を配祀し、天平10年(738年)に聖武天皇より大伴古麻呂に詔命があり「田島大名神」の神号が贈られた。

江戸時代には唐津藩の祈願所となった。明治4年(1871年)に国幣中社に列格した。

境内社に、佐用姫伝説の松浦佐用姫を祀る佐與姫神社(佐用姫神社)があり、佐用姫が変じたとされる石(望夫石)が祀られている

重要文化財として、太刀 銘備中国住人吉次がある。

【ご利益】
海陸交通安全、航海安全船舶守護、大漁満船、五穀豊穣、商売繁盛など
田島神社 - 宗像三女神を「田島三神」として祀る、神代創建の肥前国最古の神社
【関連記事】
名神大社とは? - 名神祭の対象となる神々、式内社の中でも特異、その細かな特徴は?
近代社格の国幣中社とは? - 北海道から九州地方までまんべんなく分布、一宮も多い
神社の創建年代 - 神代から、神武・神功・継体、そして昭和期まで、主な神社を順に並べた

『日本の神社全国版(79) 2015年8/18号』 - 田島神社、千栗八幡宮、祐徳稲荷神社、佐嘉神社
佐賀県の別表神社 | 別表神社とは? - 神社本庁に属する神社の現代版官国幣社
佐賀県の神社 - 本サイトに掲載されている神社で、佐賀県に鎮座している神社の一覧
田島神社の御朱印