黒川遺跡発掘調査の現地説明会を開催します。現地までのアクセス - 杵築市
大分県の杵築市教委は、同市日野黒川の黒川(くろごう)遺跡から石器3000点など、旧石器、縄文、弥生の3時代にわたる遺物が大量に出土した、と発表しました。調査は途中だが、2015年4月19日午後1時半から考古学ファン向けの現地説明会を開くと言います。毎日新聞が報じています

開催までもうあまり時間がありませんが、詳しくは杵築市のページまで。

【関連記事】
黒川遺跡(大分県・杵築市) - 弥生時代の2000点を超える石器が出土、県内屈指の遺跡