鎮魂祭を行う、ニギハヤヒの子ウマシマジを祀る石見国一宮
[住所]島根県大田市川合町川合1545
[電話]0854-82-0644

物部神社(もののべじんじゃ)は、島根県大田市にある神社。『延喜式神名帳』にある「物部神社(石見国・安濃郡)」に比定される式内社(小社)。歴史的な一宮としての石見国一宮で、近代社格では国幣小社、現在は神社本庁の別表神社「全国一の宮会」に加盟している。参拝すれば、御朱印を頂ける。

宮中でも行われる鎮魂祭を行うことで、石上神宮(奈良県天理市)および彌彦神社(新潟県弥彦村)とともに有名。ただし宮中が行う11月22日でなく、11月24日に行われる。

御祭神は宇摩志麻遅命饒速日命の子で、物部氏の祖。御祭神が石見国に鶴に乗って降臨したとも伝えることから、当社の神紋は赤い太陽を背負った鶴の「日負鶴」(ひおいづる)。

また、御祭神は日本海軍の戦艦「石見」の守護神とされ、神像が艦内神社に祀られていた。この神像は後に当社へ奉納されている。

相殿神は右座が饒速日命(物部氏祖神で主祭神の父)、布都霊神(ふつのみたまのかみ、主祭神の剣)、左座が天御中主大神天照皇大神、客座が別天津神(別天神とも)と見られる五柱の神と鎮魂八神。

社伝によれば、饒速日命の御子の宇摩志麻遅命は、初代神武天皇の大和平定を助けた後、一族を率いて美濃国、越国を平定し、その後に石見国で歿したという。

宇摩志麻遅命は現在の社殿の背後にある八百山に葬られ、第26代継体天皇8年(514年)、勅によって八百山の南麓に社殿が創建されたと伝えられる。石見国一宮として歴代領主の崇敬を受けた。

社家については、第12代景行天皇の時代に物部竹子連が石見国造に任ぜられ、その子孫は川合長田公を名乗り代々祭祀を行っていたというが、文治4年(1184年)に金子家忠が安濃郡の地頭として赴いたときに子の道美が取って代わって当社の神主となり、以降金子氏が代々の祭祀を行うようになったという。

戦前に金子氏は出雲大社の千家・北島両家や、島根県出雲市大社町の日御碕神社社家の小野家と並び、全国14社家の社家華族(男爵)の一つに列する格式を有していた。

先の鎮魂祭の他、1月7日の奉射祭など多くの特殊神事が行われ、10月8日が馬場見式と例祭前夜祭、10月9日が暁天祭、例大祭などとなっている。

【ご利益】
文武両道、鎮魂、勝運の神、病気平癒、交通安全、社業繁栄、厄除けなど(公式HP
物部神社(大田市) - 鎮魂祭を行う、ニギハヤヒの子ウマシマジを祀る石見国一宮
【関連記事】
一宮とは? - その地域の中で最も社格の高いとされる神社のこと、根強い一宮めぐり人気
歴史的な一宮とは? - 『中世諸国一宮制の基礎的研究』が底本、資料で確認できる一宮
「全国一の宮会」加盟社とは? - 歴史的な一宮や、新一の宮などを含めた現代版一宮
近代社格の国幣小社とは? - 官幣小社5社に比して10倍の実に50社、一宮もいくつか含む
鎮魂祭を伝承する社 - 奈良天理の石上神宮、新潟弥彦村の彌彦神社、島根大田の物部神社

艦内神社とは? - 日本特有の「恐怖の海」への対処法 - 日本海軍の艦内神社
神社の創建年代 - 神代から、神武・神功・継体、そして昭和期まで、主な神社を順に並べた
『日本の神社全国版 2015年 2/17 号』 - 島根県の物部神社と太皷谷稲成神社
島根県の別表神社 | 別表神社とは? - 神社本庁に属する神社の現代版官国幣社
島根県の神社 - 本サイトに掲載されている神社で、島根県に鎮座している神社の一覧
物部神社(大田市)の御朱印
石見 - Wikipedia