出雲の「大国」に対する「小国」遠江国の一宮、オオクニヌシを祀る
[住所]静岡県周智郡森町一宮3956-1
[電話]0538-89-7302

小國神社(おくにじんじゃ、おぐにじんじゃ、小国神社)は、静岡県周智郡森町にある神社。『延喜式神名帳』にある「小國神社(遠江国・周智郡)」に比定される式内社(小社)。歴史的な一宮としての遠江国一宮、近代社格では国幣小社

現在は神社本庁の別表神社「全国一の宮会」に加盟している。参拝すれば、御朱印を頂ける。本宮山の南側の山麓に鎮座する。「小国」という社名は、出雲の「大国」に対する遠江の美称であるとしている。

境内は秋には紅葉の名所として有名。正式な読みは「おくにじんじゃ」(國が濁らない)とされるが、地元住民など「おぐにじんじゃ」と、濁る人も多い。御祭神は大己貴命(おおなむちのみこと)。

社伝によれば、欽明天皇16年(555年)2月18日、現在地より6キロほど離れた本宮山に神霊が示現したので、勅命によりそこに社殿が造営されたのに始まる。

この時に正一位の神階が授けられたと社伝にはあるが、国史での当社の初見である『続日本後紀』承和7年(840年)6月14日条では「遠江国周智郡の無位の小国天神(中略)に従五位下を授け奉る」と記されている。六国史終了時の神階は従四位上。

皇族や武将の信仰が篤く、遠江国一宮として崇敬を受けた。当社を一宮として記載する史料の最初は、1235年の「当国鎮守小国一宮」という記述である。江戸時代には「一宮神社」と称していた。

中世以降、朝廷の衰退により勅使が廃れたが、室町時代、戦国時代を通じて祭祀が途断えることはなかった。元亀3年(1572年)、甲斐の武田信玄が遠江に侵攻した際、当社神職は徳川家康に味方した。天正3年(1575年)、徳川家康が社殿を再建し、江戸時代に入ってからも歴代の将軍が社殿の造営や営繕、社領の寄進を行っている。

明治5年(1873年)に県社に列格し、翌明治6年(1874年)には国幣小社に昇格した。

境内に全國一宮等合殿社があり、全国一宮等の御祭神七十三柱を祀る。かつては七十三柱を祀る境内社が境内各地にあったが、明治初年の本社焼失に伴い、明治15年からは境内末社八王子社に合祀されていた。平成元年に独立の境内社として再建された。

国の重要無形民俗文化財に指定されている「遠江森町の舞楽」の中には当社の踊りとしての「小国神社の舞楽」が含まれている。

なお、事任八幡宮(静岡県・掛川市)も遠江国一宮を称す。

最近では近隣に「ことまち横丁」が誕生しており、人気となっている。

【ご利益】
国土経営、諸業繁栄、夫婦和合、縁結び、厄除けなど

国土開発・殖産・医療などの知識や文化を人々に授けられるなど大きな力を発揮され、国土経営・緒業繁栄・夫婦和合・縁結び・厄除けなど、御神徳の高い神さまとして崇敬されております。公式HP
小國神社 - 出雲の「大国」に対する「小国」遠江国の一宮、オオクニヌシを祀る
【関連記事】
一宮とは? - その地域の中で最も社格の高いとされる神社のこと、根強い一宮めぐり人気
歴史的な一宮とは? - 『中世諸国一宮制の基礎的研究』が底本、資料で確認できる一宮
「全国一の宮会」加盟社とは? - 歴史的な一宮や、新一の宮などを含めた現代版一宮
近代社格の国幣小社とは? - 官幣小社5社に比して10倍の実に50社、一宮もいくつか含む

神社の創建年代 - 神代から、神武・神功・継体、そして昭和期まで、主な神社を順に並べた
紅葉の名所で知られる神社 - 特に有名な、10月下旬から11月にかけて行って得する神社一覧
静岡県の別表神社 | 別表神社とは? - 神社本庁に属する神社の現代版官国幣社
静岡県の神社 - 本サイトに掲載されている神社で、静岡県に鎮座している神社の一覧
小國神社の御朱印