太田道灌の江戸築城で創建、家康が江戸の鎮守に据えて発展
[住所]東京都千代田区永田町2-10-5
[電話]03-3581-2471

日枝神社(ひえじんじゃ)は、東京都千代田区永田町にある神社。参拝すれば、「皇城之鎮」と入った御朱印が頂ける。

近代社格では官幣大社、現在は神社本庁の別表神社東京十社東京五社新・東京五社の一社。

御祭神は本社である滋賀県大津市の日吉大社と同様、大山咋神を主祭神とし、相殿に国常立神伊弉冉神足仲彦尊を祀る。

文明10年(1478年)、太田道灌が江戸城築城にあたり、川越の無量寿寺(現在の喜多院・中院)の鎮守である川越日枝神社を勧請したのに始まると伝わる。

徳川家康が江戸に移封された時、城内の紅葉山に遷座し、江戸城の鎮守とした。

明治元年(1868年)11月、東京奠都の際に準勅祭社に指定されたが、官国幣社の選定時に漏れ、府社となる。

しかし、「皇城鎮護の神社が府社であっていいはずがない」との理由で、官幣大社を願い出て、一時は却下されるが、大正元年(1912年)認められる。

宝物も多く、多くの収蔵している太刀類が国宝や重要文化財に指定されていることでも知られている。国宝は「太刀 銘則宗」。

西暦偶数年の6月中旬、日枝神社大祭、通称・山王祭が行われる。奇数年は神田明神神田祭で、両社あわせて天下の奇祭と呼ばれる。

またこの二つに富岡八幡宮深川祭を加え、江戸三大祭という。また、日本三大祭の一つ。

もともと御旅所で、現在は境外摂社となっている日枝神社日本橋摂社がある。

海上自衛隊の護衛艦(退役)「ひえい」の艦内神社に分祀していたという。なお、日本海軍の戦艦「比叡」の艦内神社は日吉大社などを勧請していた。

【ご利益】
厄除け、安産、縁結び、商売繁盛、社運隆昌など(公式HP
日枝神社
【関連記事】
日本の祭りとは? - 本質的には「慰霊」と「鎮魂」がベースにある、日本人の信仰の根源
山王祭とは? - 江戸城鎮護の日枝神社祭礼、幕府の保護と倹約令による衰退へて現在に続く
近代社格制度の官幣大社とは? - 廃絶・未鎮座を除く59社、現時点で65社の神社の一覧表
準勅祭社とは? - 明治初期に短期間存在した、勅祭社に準じる東京近郊の12の神社(13社)
国宝が伝わる神社 - 所蔵、所有、由来している美術工芸品が国宝に指定されている神社

東京五社とは? - もとは横のつながりに基づく連携、今や東京を代表する五社めぐり定番
新・東京五社とは? - 縁結び、スピリチュアル、日本の発展が叶う新たな東京の神社めぐり
艦内神社とは? - 日本特有の「恐怖の海」への対処法 - 自衛艦の艦内神社
[日本全国]初詣で人気の神社、その人出は? 参拝者数ランキング  | 東京都
『日本の神社 28号 (日枝神社・神田明神) [分冊百科]』 - 毎年初詣していても知らないこと

東京都の別表神社 | 別表神社とは? - 神社本庁に属する神社の現代版官国幣社
東京都の神社 - 本サイトに掲載されている神社で、東京都に鎮座している神社の一覧
日枝神社(千代田区)の御朱印
ひえい - Wikipedia