長寿祈願の神「お多賀さん」、オタマジャクシの名の由来ともなるお守りも
[住所]滋賀県犬上郡多賀町多賀604
[電話]0749-48-1101

多賀大社(たがたいしゃ)は、滋賀県犬上郡多賀町にある神社。『延喜式神名帳』にある「多何神社(近江国・犬上郡)」に比定される式内社(小社)。近江国三宮とされる場合があり、近代社格では官幣大社、現在は神社本庁の別表神社。神仏霊場近江國一番。参拝すれば、御朱印を頂ける。

古くから「お多賀さん」として親しまれた。中世期には「多賀大明神」として信仰を集めた。当社にはお守りとしてしゃもじを授ける「お多賀杓子(おたがじゃくし)」という慣わしがあるが、これは「お玉杓子」や「オタマジャクシ」の名の由来とされている。

和銅5年(西暦712年)編纂の『古事記』の一部には「伊邪那岐大神は淡海の多賀に坐すなり」と当社に関する記載がある。

しかし『古事記』の表記や『日本書紀』の記述などから、これは淡路島を指すもので、今の伊弉諾神宮に相当する、と考えられるのが一般的。

もっとも、御祭神は神話伝承通り伊邪那岐命伊邪那美命の二柱であり、式内社でもあることから、当社とその地名である多賀について、『古事記』の記述との整合性を一部認める考えが古来からあった、とも思われる。

天正16年(1588年)、当社への信仰篤かった豊臣秀吉が「3年、それがだめなら2年、せめて30日でも」と母の延命を祈願し、成就したため、社殿改修を行い、大名に与えるに等しい1万石を寄進した。

境内正面の石造りの太鼓橋(大僧正慈性により寛永15年〈1638年〉造営)は「太閤橋」の雅名でも呼ばれる。

江戸時代になり、元和元年(1615年)には社殿が焼失したが、寛永10年(1633年)に徳川家光が再建を命じ、5年後に完成した。

当社の社殿はその後火災や暴風で何度も焼失・倒壊を繰り返すが、同じ時期に、近隣のゆかり深い胡宮神社大滝神社でも、家光の命による社殿造営が行われている。

「お伊勢参らばお多賀へ参れ お伊勢お多賀の子でござる」「お伊勢七度熊野へ三度 お多賀さまへは月参り」などの俗謡や、長寿祈願の神としても殊の外有名であり、古来からの要衝の地であることと合わせて、上下から多大な崇敬を集めた。

【ご利益】
延命長寿、厄除け、縁結び、家内安全、交通安全(公式HP
多賀大社
【関連記事】
神社の創建年代 - 神代から、神武・神功・継体、そして昭和期まで、主な神社を順に並べた
[日本全国]初詣で人気の神社、その人出は? 参拝者数ランキング - [滋賀県]
『日本の神社 32号 (多賀大社) [分冊百科]』 - 滋賀・多賀、古事記由来の神代から続く古社
滋賀県の別表神社 | 別表神社とは? - 神社本庁に属する神社の現代版官国幣社
滋賀県の神社 - 本サイトに掲載されている神社で、滋賀県に鎮座している神社の一覧
多賀大社の御朱印