備後国一宮、節分祭・ほら吹き神事など 本殿は江戸期築造
[住所]広島県福山市新市町宮内400
[電話]0847-51-3395

吉備津神社(きびつじんじゃ)は、広島県福山市にある神社。参拝すれば、御朱印を頂ける。

歴史的な一宮としての備後国一宮で、近代社格では国幣小社、現在は神社本庁の別表神社「全国一の宮会」に加盟している。通称として一宮さん(いっきゅうさん)とも呼ばれる。

吉備国が三国に分離された後の大同元年(806年)、吉備国一宮である吉備津神社(岡山県岡山市)より勧請して創建されたと伝えられる。

しかし、その約100年後の『延喜式神名帳』に記載がないことから、実際の創建はもっと後であると考えられる。

現在、神社の名前が最初に確認できる史料は久安4年(1148年)の八坂神社の記録『社家条々記録』であり、境内の発掘調査でも12世紀以降のものしか出土していない。

主祭神は岡山市の吉備津神社と同様、大吉備津彦命(おおきびつひこのみこと)。相殿神は、大日本根子彦太瓊命(主祭神の父である第7代孝霊天皇)、細比売命(孝霊天皇皇后)、稚武吉備津彦命(主祭神の異母弟)。

中世には備後国一宮として尊崇を受けるとともに、極めて強力な地盤を築き権勢を振るった。戦国時代には毛利輝元より、江戸時代にはこの地を治めた福島氏、水野氏より崇敬された。

本殿は江戸時代の慶安元年(1648年)、水野勝成による造営。桁行七間、梁間四間の入母屋造檜皮葺で、国の重要文化財に指定されている。

毎年2月3日の節分祭では、ほら吹き神事などもあり、毎年多くの参拝客が訪れる。

岡山市の吉備津神社のすぐ近くには、吉備津彦神社(岡山県岡山市)がある。

当社も含め、この三社はよく混同されるが、岡山吉備津神社を頂点として、吉備津彦神社と当社が兄弟のような関係にあり、主祭神を同じくするものの、別々の神社。

他に備後国一宮を称するものに、素盞嗚神社(福山市新市町戸手)がある。同社の祇園祭において、当社より宮司と禰宜が同社に参拝、「無言の神事」と呼ばれる儀式が行われる。

【ご利益】
家内安全、交通安全、安産祈願、社運隆昌、学業成就、病気平癒、心願成就(公式HP
吉備津神社(福山市) - 備後国一宮、節分祭・ほら吹き神事など 本殿は江戸期築造
【関連記事】
一宮とは? - その地域の中で最も社格の高いとされる神社のこと、根強い一宮めぐり人気
歴史的な一宮とは? - 『中世諸国一宮制の基礎的研究』が底本、資料で確認できる一宮
「全国一の宮会」加盟社とは? - 歴史的な一宮や、新一の宮などを含めた現代版一宮

近代社格の国幣小社とは? - 官幣小社5社に比して10倍の実に50社、一宮もいくつか含む
広島県の別表神社 | 別表神社とは? - 神社本庁に属する神社の現代版官国幣社
広島県の神社 - 本サイトに掲載されている神社で、広島県に鎮座している神社の一覧
吉備津神社(福山市)の御朱印