“京春日”の別称がある春日大社からの勧請の二十二社の一社
[住所]京都府京都市西京区大原野南春日町1152
[電話]075-331-0014

大原野神社(おおはらのじんじゃ)は、京都府京都市西京区にある神社。京春日(きょうかすが)の別称がある。参拝すれば、御朱印を頂ける。

『延喜式神名帳』に記載のない式外社だが、四時祭に「上大原野神四座祭」とあり、国史見在社二十二社の一社(中七社)。近代社格では官幣中社、現在は神社本庁の別表神社

延暦3年(784年)に桓武天皇が長岡京へ遷都した際、桓武天皇の后の藤原乙牟漏が藤原氏の氏神である奈良・春日大社の分霊を勧請して、しばしば鷹狩を行っていた大原野に祀ったのに始まる。

そのため、御祭神は春日大社と同じだが、表記が違う。武御賀豆智命(武甕槌命)、伊波比主命(経津主命)、天之子八根命(天児屋根命)、比咩大神(比売神)。

春日大社では、比売神が第三位、天児屋根命が第四位になっている点も違いがある。

清和天皇の皇后藤原高子が、まだ皇太子の御息所であった時、当社へ参詣になり、供奉の在原業平が、「大原や小塩の山もけふこそは 神代のことも思い出づらめ」との和歌を詠じて奉っている。二人の危険な恋の舞台でもあった。

現在では春は桜、秋は紅葉の名所として名高く、特に秋は広大な境内に桜やモミジの赤が映えることで知られる。

【ご利益】
交通・旅行安全、病気平癒、家内安全、合格・必勝など(公式HP
大野原神社 - “京春日”の別称がある春日大社からの勧請の二十二社の一社
【関連記事】
紅葉の名所で知られる神社 - 特に有名な、10月下旬から11月にかけて行って得する神社一覧
近代社格の官幣中社とは? - 官幣大社、国幣大社に次ぐ第三の位置か、国幣大社と同格か
二十二社とは? - 上七社、中七社、下八社ごとに、それぞれの神社の詳細と動画、そのご利益
国史見在社 - 『延喜式』に先行する六国史に記載のある神社で、式外社を指すことが多い

神社の創建年代 - 神代から、神武・神功・継体、そして昭和期まで、主な神社を順に並べた
『日本の神社全国版(84) 2015年 9/22 号 [雑誌]』 - 京の春日神、吉田神社・大原野神社
京都府の別表神社 | 別表神社とは? - 神社本庁に属する神社の現代版官国幣社
京都府の神社 - 本サイトに掲載されている神社で、京都府に鎮座している神社の一覧
大野原神社の御朱印