オオクニヌシ「我を祀れ」との神託が創建由来の、播磨国一宮
[住所]兵庫県宍粟市一宮町須行名407
[電話]0790-72-0075

伊和神社(いわじんじゃ)は、兵庫県宍粟市一宮町にある神社。

『延喜式神名帳』にある「伊和坐大名持御魂神社(播磨国・宍粟郡)」に比定される式内社(名神大社)。歴史的な一宮としての播磨国一宮で、近代社格では国幣中社

現在は神社本庁の別表神社「全国一の宮会」に加盟している。海神社粒坐天照神社とともに播磨三大社の一社。参拝すれば、御朱印を頂ける。

主祭神は大己貴神。『播磨国風土記』では、播磨国の神である伊和大神と葦原志許乎命(大己貴神の別称・葦原醜男)は同神。配神は少彦名神(主祭神とともに国造り)と下照姫神(主祭神の娘)。

第13代成務天皇14年の創祀ともされるが、伝承では、第29代欽明天皇25年、豪族・伊和恒郷に大己貴神から「我を祀れ」との神託があったという。オオクニヌシも祟ることがある実例を示す社。

恒郷は、西の野で一夜にして木々が群生し、大きな白鶴2羽が石(鶴石)の上で北向きに眠っていたのをみて、そこに社殿を北向きに造営したとされる。

現在の社殿も北向きで社叢のなかにあり、鶴石は本殿裏に祀られる。

古事記には第11代垂仁天皇の御世、その皇子に出雲大神が祟った話が載せられているが、祟りの系譜としてはこれに連なるか。

毎年10月の秋季大祭では、15日が例祭、16日が神輿渡御を行う神幸祭で、氏子地域などから5台の屋台(太鼓台)が練り出される。

また甲子の年(前回は1984年、次回は2044年)に行われる61年に一度の三つ山祭、21年に一度の一つ山祭でも有名。

【ご利益】
縁結び
伊和神社 - オオクニヌシ「我を祀れ」との神託が創建由来の、播磨国一宮
【関連記事】
名神大社とは? - 名神祭の対象となる神々、式内社の中でも特異、その細かな特徴は?
一宮とは? - その地域の中で最も社格の高いとされる神社のこと、根強い一宮めぐり人気
歴史的な一宮とは? - 『中世諸国一宮制の基礎的研究』が底本、資料で確認できる一宮
「全国一の宮会」加盟社とは? - 歴史的な一宮や、新一の宮などを含めた現代版一宮
播磨三大社とは? - 播磨国、すべて兵庫県に所在する、式内(名神大社)以来の古社

近代社格の国幣中社とは? - 北海道から九州地方までまんべんなく分布、一宮も多い
神社の創建年代 - 神代から、神武・神功・継体、そして昭和期まで、主な神社を順に並べた
『日本の神社全国版 2015年 3/24 号 [雑誌]』 - 出石神社、伊和神社、粟鹿神社
兵庫県の別表神社 | 別表神社とは? - 神社本庁に属する神社の現代版官国幣社
兵庫県の神社 - 本サイトに掲載されている神社で、兵庫県に鎮座している神社の一覧
伊和神社の御朱印