後漢書 - Wikipedia
魏志倭人伝に限らず、中国は紀元前からの書籍があり、そこには日本のことが様々に書かれています。古代日本を知る上でも、重要な資料になります。ここではその主要なものをまとめてみました。

原典へのリンクは、中国語(簡体字)になります。中国のサーバーにつながるため、速度が遅くなる場合などがありますので、ご了承ください。

写真は後漢書(出典:Wikipedia

『史記』 成立:紀元前91年頃 INDEX

・読み : しき
・内容 : 二十四史の第一。漢、前漢(紀元前206年 - 8年)の歴史
・主編 : 司馬遷
・構成 : 本紀12巻、表10巻、書8巻、世家30巻、列伝70巻の全130巻
・日本 : 巻31 第01 呉太伯世家(直接「倭」等の表記はないが、内容が受け継がれていく)

『山海経』 成立:最終的には漢代 紀元1世紀初めまで INDEX

・読み : せんがいきょう、とされる。
・内容 : 最古の地理書(地誌)。古代中国人の伝説的地理認識を示すもの
・主編 : 多数
・構成 : 13編or18編or18巻or21巻or23巻
・日本 : 巻12 海内北経

『漢書』 成立:117年までに INDEX

・読み : かんじょ、『前漢書』とも
・内容 : 二十四史の第二。漢、前漢(紀元前206年 - 8年)の歴史
・主編 : 班固、班昭ら
・構成 : 本紀12巻、列伝70巻、表8巻、志10巻の全100巻
・日本 : 巻28 地理志

『論衡』 成立:1世紀末頃までに INDEX

・読み : ろんこう
・内容 : 実証主義の思想書。陰陽五行思想、災異説などを迷信論として批判
・主編 : 王充(27年 - 1世紀末頃)
・構成 : 全30巻85篇(うち1篇は篇名のみで散佚)
・日本 : 巻5 異虚篇18巻8 儒増篇26巻19 恢国篇58

『魏略』 成立:270年ごろ?

・読み : ぎりゃく
・内容 : 三国時代の魏を中心に書かれた歴史書。すでに散佚している
・主編 : 魚豢
・構成 : 38巻
・日本 : 『三国志』裴注、『漢書』師古注、『翰苑』『北戸録』『魏書』『法苑珠林』などに逸文

『三国志』 成立:280年から297年まで INDEX

・読み : さんごくし
・内容 : 二十四史の第四。後漢後半から西晋成立(2世紀後半 - 280年)までの歴史
・主編 : 陳寿
・構成 : 「魏書」30巻(本紀4巻、列伝26巻)、「呉書」20巻、「蜀書」15巻の全65巻
・日本 : 巻30 烏丸鮮卑東夷伝

『後漢書』 成立:445年までに INDEX

・読み : ごかんじょ
・内容 : 二十四史の第三、後漢(25年 - 220年)の歴史
・主編 : 范曄
・構成 : 本紀10巻、列伝80巻、志30巻の全120巻
・日本 : 巻85 東夷列伝巻90 烏桓鮮卑列伝

『宋書』 成立:513年以前 INDEX

・読み : そうじょ
・内容 : 二十四史の第六。南朝の宋(420年 - 479年)の歴史
・主編 : 沈約
・構成 : 本紀10巻、志30巻、列伝60巻の全100巻
・日本 : 巻5 本紀第五 文帝巻97 列伝第五十七 夷蛮

『南斉書』 成立:537年以前 INDEX

・読み : なんせいじょ
・内容 : 二十四史の第七。南朝の斉(479年 - 502年)の歴史
・主編 : 蕭子顕
・構成 : 本紀8巻、志11巻、列伝40巻の全59巻
・日本 : 巻58 列伝第三十九 蛮・東南夷

『魏書』 成立:559年 INDEX

・読み : ぎしょ、『北魏書』『後魏書』とも
・内容 : 二十四史の第十。北魏(386年 - 534年)の歴史
・主編 : 魏収
・構成 : 本紀14巻、列伝96巻、志20巻の全130巻
・日本 : なし

『梁書』 成立:629年 INDEX

・読み : りょうじょ
・内容 : 二十四史の第八。南朝の梁(502年から557年)の歴史
・主編 : 姚察、姚思廉
・構成 : 本紀6巻、列伝50巻の全56巻
・日本 : 巻54 列傳第四十八 諸夷

『陳書』 成立:636年 INDEX

・読み : ちんじょ
・内容 : 二十四史の第九。南朝の陳(557年 - 589年)の歴史
・主編 : 姚思廉
・構成 : 本紀6巻、列伝30巻の全36巻
・日本 : なし

『北斉書』 成立:636年 INDEX

・読み : ほくせいじょ
・内容 : 二十四史の第十一。東魏・北斉(534年 - 577年)の歴史
・主編 : 李百薬
・構成 : 紀8巻、列伝42巻の全50巻
・日本 : なし

『周書』 成立:636年 INDEX

・読み : しゅうじょ、『北周書』『後周書』とも
・内容 : 二十四史の第十二。西魏・北周(535年 - 581年)の歴史
・主編 : 令狐徳棻ら
・構成 : 帝紀8巻、列伝42巻の全50巻
・日本 : なし

『隋書』 成立:656年 INDEX

・読み : ずいしょ
・内容 : 二十四史の第十三。隋(581年 - 618年)の歴史
・主編 : 魏徴、長孫無忌、顔師古、孔穎達
・構成 : 本紀5巻、志30巻、列伝50巻の全85巻
・日本 : 巻81 列伝第四十六 東夷

『晋書』 成立:659年以前 INDEX

・読み : しんじょ
・内容 : 二十四史の第五。晋(265年 - 420年、西晋・東晋含む)の歴史
・主編 : 房玄齢・李延寿ら
・構成 : 帝紀10巻・載記30巻、列伝70巻、志20巻の全130巻
・日本 : 巻3 帝紀第三 武帝巻97 列伝第六十七 四夷

『南史』 成立:659年以前 INDEX

・読み : なんし
・内容 : 二十四史の第十四。南朝(420年 - 589年)の歴史
・主編 : 李大師、李延寿
・構成 : 本紀10巻、列伝70巻の全80巻
・日本 : 巻79 列伝第六十九 夷貊下

『北史』 成立:659年以前 INDEX

・読み : ほくし
・内容 : 二十四史の第十五、北朝(386年 - 581年)の歴史
・主編 : 李大師、李延寿
・構成 : 本紀12巻、列伝88巻の全100巻
・日本 : 巻94 列伝第八十二

『翰苑』 成立:660年以前

・読み : かんえん
・内容 : 類書。大部分は散佚。日本の太宰府天満宮に第30巻及び叙文のみ残る
・主編 : 張楚金
・構成 : 30巻
・日本 : 張楚金『翰苑』 - 太宰府天満宮に現存巻を竹内理三が刊行

『通典』 成立:796年ごろ INDEX

・読み : つてん
・内容 : 中国史上初の形式が完備された政書で、十通の一つ
・主編 : 杜佑
・構成 : 食貨12巻、選挙6巻、職官22巻、礼100巻、辺防16巻など全200巻
・日本 : 巻185 辺防一

『旧唐書』 成立:945年 INDEX

・読み : くとうじょ
・内容 : 二十四史の第十六。唐(618年 - 907年)の歴史
・主編 : 劉昫、張昭遠、王伸ら
・構成 : 本紀20巻、志30巻、列伝150巻の全200巻
・日本 : 巻199 列伝第一百四十九上 東夷

『旧五代史』 成立:973年から981年まで INDEX

・読み : きゅうごだいし
・内容 : 二十四史の第十八、後梁から後周(907年 - 960年)までの歴史
・構成 : 本記61巻、志12巻、列伝77巻の全150巻
・日本 : なし

『太平御覧』 成立:983年ごろ INDEX

・読み : たいへいぎょらん
・内容 : 類本。日本に伝来した1199年(慶元5年)の蜀刻本の残本945巻が知られる
・構成 : 全55部
・日本 : 巻七百八十 東夷一巻七百八十二 東夷三巻九百六十三 竹部二巻九百七十六 菜茹部一

『新五代史』 成立:1053年 INDEX

・読み : しんごだいし
・内容 : 二十四史の第十九、後梁から後周(907年 - 960年)までの歴史
・主編 : 欧陽脩
・構成 : 本紀12巻、列伝45巻、考3巻、世家及年譜11巻、四夷附録3巻の全74卷
・日本 : なし

『新唐書』 成立:1060年 INDEX

・読み : しんとうじょ、単に『唐書』とも
・内容 : 二十四史の第十七。唐(618年 - 907年)の歴史
・主編 : 欧陽脩ら
・構成 : 本紀10巻、志50巻、表15巻、列伝150巻の全225巻
・日本 : 巻220 列伝第一百四十五 東夷

『遼史』 成立:1344年 INDEX

・読み : りょうし
・内容 : 二十四史の第二十一。遼(916年 - 1125年)の歴史
・主編 : トクト(托克托・脱脱)、廉恵山海牙・王沂・徐昺・陳繹曾
・構成 : 本紀30巻、志32巻、表8巻、列伝45巻、国語解1巻の全116巻
・日本 : なし

『宋史』 成立:1345年 INDEX

・読み : そうし
・内容 : 二十四史の第二十。宋(960年 - 1279年、北宋・南宋含む)の歴史
・主編 : トクト(托克托・脱脱)
・構成 : 16本紀47巻、15志162巻、2表32巻、197列伝255巻の全496巻
・日本 : 巻491 列伝第二百五十 外国七

『金史』 成立:1345年 INDEX

・読み : きんし
・内容 : 二十四史の第二十二。女真族興起から金朝滅亡(10世紀 - 1234年)の歴史
・主編 : トクト(托克托・脱脱)
・構成 : 本紀19巻、志39巻、表4巻、列伝71巻、国語解1巻の全135巻
・日本 : なし

『元史』 成立:1369年 INDEX

・読み : げんし
・内容 : 二十四史の第二十三。チンギス・カン1206年から順帝1367年まで
・主編 : 宋濂、高啓ら
・構成 : 本紀47巻、表8巻、志58巻、列伝97巻の計210巻
・日本 : 巻208 列伝第九十五 外夷一

『日本一鑑』 成立:1573年

・読み : にほんいっかん
・内容 : 明代に調査来日した鄭舜功が著した日本に関する研究書
・主編 : 鄭舜功
・構成 : 全3部16巻
・日本 : 鄭舜功『日本一鑑―本文と索引 (1974年)』(日本で刊行されている)

『明史』 成立:1739年 INDEX

・読み : みんし
・内容 : 二十四史の第二十四。明(1368年 - 1644年)の歴史
・主編 : 馮銓ら
・構成 : 本紀24巻、列伝220巻、表13巻、志75巻、目録4巻の全332巻
・日本 : 巻323 列伝第二百十 外国三

【関連記事】
『好太王碑文』『三国史記』『三国遺事』、倭・倭人関連の朝鮮文献を編年でまとめてみた