・掲載:『大阪学芸大学紀要』第五号、昭和32年(1957年)3月

大森は不彌国を福岡市の住吉神社に比定。

倭人国30カ国の人口は一戸平均5人として75万以上となるが、これを九州地方に包含せしめることは難しい、と指摘。

奈良時代の九州の推定人口が71万人である、とし、狗奴国の人口を加味して考えると、九州説は戸数的に成立しないと断じる。

邪馬台国は大和・河内・和泉・摂津・山城を含む、奈良県と大阪湾を取り囲んだ広域畿内に当てるのが一番妥当だとした。

【関連記事】
【邪馬台国論争】今までの研究・論争まとめ - 畿内説