東洋史要説
・刊行:2000
・著者:鈴木俊
・出版:吉川弘文館

・『東洋史要説』をアマゾンで購入

鈴木 俊(すずき しゅん、1904年7月20日-1975年7月25日)は、東洋史学者。東京出身。1929年東京帝国大学文学部東洋史学科卒。東洋大学教授、法政大学教授、戦後は九州大学教授、中央大学教授。専門は唐代経済史。

「倭人伝の資料的研究」(『東亜論叢』第六輯、昭和23年(1948年)4月)において、邪馬台国の所在で魏志倭人伝の地名や方角などに混乱が見られるとして、『魏略』『魏志』の里程及び日程記事の史料的考察によって、「畿内大和説に左袒せざるを得ない」とした。

【関連記事】
【邪馬台国論争】今までの研究・論争まとめ - 畿内説