・所在地:大分県大分市大里
・経緯度:北緯33度23分60.52秒 東経131度74分00.66秒

・時 期:5世紀後半
・時 代:古墳時代中期後半
・形 状:前方後円墳
・特 徴:-
・指 定:-

【概要】
亀塚古墳群に属し、亀塚古墳の近くにある小型の前方後円墳。2段築造で全長35メートル、後円部の直径は25メートル。

葺石はなく、埋葬部は破壊されていた。築造時期は亀塚古墳より半世紀ほど後の5世紀後半とみられている。

【関連サイト】
亀塚古墳 -Wikipedia