古事記登場とは別人?の相模国造の創建が考えられる八方除の相模国一宮
[住所]神奈川県高座郡寒川町宮山3916
[電話]0467-75-0004

寒川神社(さむかわじんじゃ)は、神奈川県高座郡寒川町にある神社。参拝すれば、御朱印を頂ける。後述する八方除をあしらった、独特の御朱印帳でも有名。

『延喜式神名帳』にある「寒川神社(相模国・高座郡)」に比定される式内社(名神大社)。歴史的な一宮としての相模国一宮で、相模五社の一社。

近代社格では国幣中社、現在は神社本庁の別表神社「全国一の宮会」に加盟している。

『古事記』には焼津において、日本武尊を窮地に陥れることになる人の役職名で登場する相模国造

まさか同一人物ではないと思われるが、おそらく、古代において、いずれかの相模国造、つまり現地の有力豪族が創建したと考えられている。

鎌倉時代の『吾妻鏡』には「一宮佐河大神」と記載があり、戦国時代には武田信玄が行軍中に当社を参拝し、自身の纏っていた兜と太刀を安全祈願に奉納したという。

御祭神は寒川大明神と総称される寒川比古命(さむかわひこのみこと)、寒川比女命(さむかわひめのみこと)。記紀に全く記載がない謎の神。

伊勢の神宮125社の中に、同じ神名を持つ御祭神を祀る皇大神宮(内宮)末社で、三重県多気郡多気町に鎮座する牟弥乃神社がある。また、香川県さぬき市には大蓑彦神社があり、関連が指摘されることもある。

寒川大明神は八方除の神社として知られているため、その当たり(陰陽道など)との兼ね合いも考えられるか。

毎年5月5日に開催される国府祭は「天下祭」「端午祭」とも呼ばれ、相模国の一宮から五宮、そして総社と言われた六所神社の神輿が一堂に集う古代国府総社の祭り。

当社は臼田甚五郎監修『日本神社一00選』に「日本神社100選」として掲載されている。

なお、近年は知名度から、相模国一宮を鶴岡八幡宮とする説もあるが、歴史的に見れば当社が相模国一宮である。

千葉県千葉市中央区寒川町に同名の神社があり、やはり、寒川比古命・寒川比女命を御祭神とする。

【ご利益】
全国唯一の方位除・八方除の守護神(公式HP
寒川神社 - 古事記登場とは別人?の相模国造の創建が考えられる八方除の相模国一宮
【関連記事】
名神大社とは? - 名神祭の対象となる神々、式内社の中でも特異、その細かな特徴は?
一宮とは? - その地域の中で最も社格の高いとされる神社のこと、根強い一宮めぐり人気
歴史的な一宮とは? - 『中世諸国一宮制の基礎的研究』が底本、資料で確認できる一宮
「全国一の宮会」加盟社とは? - 歴史的な一宮や、新一の宮などを含めた現代版一宮
近代社格の国幣中社とは? - 北海道から九州地方までまんべんなく分布、一宮も多い

相模五社とは? - 一宮・寒川、二宮・川勾、三宮・比々多、四宮・前鳥、五宮格の平塚八幡宮
神社の創建年代 - 神代から、神武・神功・継体、そして昭和期まで、主な神社を順に並べた
日本神社100選とは? - 臼田甚五郎監修『日本神社一00選』に掲載された神社
[神奈川県]初詣で人気の神社、その人出は? 参拝者数ランキングと、古事記の神々へのリンク
『日本の神社 37号 (寒川神社) [分冊百科]』 - 式内社で、相模国一宮 記紀の記載のない神様

神奈川県の別表神社 | 別表神社とは? - 神社本庁に属する神社の現代版官国幣社
神奈川県の神社 - 本サイトに掲載されている神社で、神奈川県に鎮座している神社の一覧
寒川神社の御朱印