「一宮さん」で親しまれる大神幸祭で有名な甲斐国一宮
[住所]山梨県笛吹市一宮町一ノ宮1684
[電話]0553-47-0900

浅間神社(せんげんじんじゃ)は、山梨県笛吹市にある神社。

『延喜式神名帳』にある「浅間神社(甲斐国・八代郡)」に比定される式内社(名神大社)の論社。ただし、『延喜式臨時祭』「名神祭」には掲載されていない。

歴史的な一宮としての甲斐国一宮で、近代社格では国幣中社、現在は神社本庁の別表神社「全国一の宮会」に加盟している。

全国にある浅間神社の一社。甲斐国一宮のため、「一宮浅間神社」と通称され、「一宮さん」とも。参拝すれば、御朱印を頂ける。

社伝によれば、第11代垂仁天皇8年正月に神山の麓(現在は摂社の山宮神社)で創建され、貞観7年(865年)旧暦12月9日、現在地に遷座したという。

御祭神は木花開耶姫命(このはなさくやひめのみこと)。もともと山宮神社に祀られていた三柱のうちの一柱で、サクヤのみ遷座したという。他の二柱は大山祇神瓊瓊杵命

当社は旧八代郡ではなく、旧山梨郡に所在するが、『日本三代実録』では、貞観6年(864年)の富士山の大噴火を受け、甲斐国でも浅間神を祀ることになり、翌貞観7年(865年)12月9日(旧暦)に甲斐国八代郡に浅間神社を建てて官社としたとある。

その後、山梨郡にも同様に浅間神社を建てたとも記し、諸説ある。

甲斐国一宮には、南都留郡富士河口湖町の河口浅間神社、西八代郡市川三郷町の一宮浅間神社がある。

式内名神大社「浅間神社」の論社は、上記二社に加え、他に甲府市青沼の青沼浅間神社がある。

当社では4月15日の例大祭催行後に行われる祭「大神幸祭」、通称「おみゆきさん」が有名。古くは甲斐国第一の大祭とされていた。

【ご利益】
山火鎮護、農業、酒造の守護神、婚姻、子授安産の霊徳神(公式HP
浅間神社(笛吹市) - 「一宮さん」で親しまれる大神幸祭で有名な甲斐国一宮
【関連記事】
名神大社とは? - 名神祭の対象となる神々、式内社の中でも特異、その細かな特徴は?
一宮とは? - その地域の中で最も社格の高いとされる神社のこと、根強い一宮めぐり人気
歴史的な一宮とは? - 『中世諸国一宮制の基礎的研究』が底本、資料で確認できる一宮
「全国一の宮会」加盟社とは? - 歴史的な一宮や、新一の宮などを含めた現代版一宮

近代社格の国幣中社とは? - 北海道から九州地方までまんべんなく分布、一宮も多い
神社の創建年代 - 神代から、神武・神功・継体、そして昭和期まで、主な神社を順に並べた
山梨県の別表神社 | 別表神社とは? - 神社本庁に属する神社の現代版官国幣社
山梨県の神社 - 本サイトに掲載されている神社で、山梨県に鎮座している神社の一覧
浅間神社(笛吹市)の御朱印