初代神武天皇の孫とそのファミリーによる構成、当地一大勢力・阿蘇氏
[住所]熊本県阿蘇市一の宮町宮地3083-1
[電話]0967-22-0064

阿蘇神社(あそじんじゃ)は、本宮が熊本県阿蘇市にある神社。参拝すれば、御朱印を頂ける。

『延喜式神名帳』肥後国阿蘇郡に一宮が「健磐龍命神社」(名神大社)、二宮が「阿蘇比咩神社」、十一宮が「国造神社」(いずれも小社)に比定される式内社。歴史的な一宮としての肥後国一宮で、近代社格は官幣大社

現在は神社本庁の別表神社「全国一の宮会」に加盟している。

第7代孝霊天皇9年6月、健磐龍命の子で、初代阿蘇国造に任じられた速瓶玉命(阿蘇都比古命)が、両親を祀ったのに始まると伝えられる。

阿蘇神社大宮司を世襲し、この地方の一大勢力となっていた阿蘇氏は、速瓶玉命の子孫。

東向きに還御門、楼門、御幸門があり、境内には社殿が3棟ある。「日本三大楼門」に数えられる楼門は、高さが18メートル、神社では珍しい仏閣の様式で建てられた二層楼山門式。

御祭神は一宮が健磐龍命、初代神武天皇の孫にあたる。三宮は國龍神で、第2代綏靖天皇(十二宮の御祭神である金凝神)の兄であるヒコヤイに相当。二宮や四宮以降十一宮まで、それらのファミリーで御祭神が構成されている。

四季を通じて収獲祈願から豊作感謝、風害、霜害の防除まで一貫した祭事「阿蘇の農耕祭事」が、当社の北宮とも呼ばれる国造神社(こちらが式内社か)とともに国の重要無形民俗文化財に指定されている。

阿蘇山山頂に奥宮である阿蘇山上神社がある。式内社「健磐龍命神社」は同社ではないか、つまり当社の根源は阿蘇山山頂二こそあるのではないかとの説がある。

また、日本列島を走る中央構造線のライン上に立地するとされる神社の一社である。

平成28年(2016年)4月16日午前1時半ごろに発生した熊本大地震の影響で、楼門と拝殿が全壊した。また、境内に3カ所ある神殿がいずれも損壊状態という。

YouTubeに公式チャンネルを開設しており、その中の動画を1回視聴すると広告収入として0.1円ほどが得られ、その全額を復興資金に充てる方針を発表している。
上益城郡甲佐町の甲佐神社、宇城市の郡浦神社、熊本市東区の健軍神社とともに阿蘇四社と称せられ、高橋稲荷神社出水神社(熊本市)とともに、熊本県三大神社の一社とされる。

【ご利益】
阿蘇開拓の神としての面影はあまり見られないが、満願成就、縁結び(あそぶらりねっと
阿蘇神社 - 初代神武天皇の孫とそのファミリーによる構成、当地一大勢力・阿蘇氏
【関連記事】
名神大社とは? - 名神祭の対象となる神々、式内社の中でも特異、その細かな特徴は?
一宮とは? - その地域の中で最も社格の高いとされる神社のこと、根強い一宮めぐり人気
歴史的な一宮とは? - 『中世諸国一宮制の基礎的研究』が底本、資料で確認できる一宮
「全国一の宮会」加盟社とは? - 歴史的な一宮や、新一の宮などを含めた現代版一宮
中央構造線と神社 - なぜ、日本有数の神社は、地震大国たるこの断層系に沿って建っている?

近代社格制度の官幣大社とは? - 廃絶・未鎮座を除く59社、現時点で65社の神社の一覧表
熊本県三大神社 - 阿蘇市の阿蘇神社と、熊本市の高橋稲荷神社、出水神社の三社の総称
阿蘇四社とは? - 阿蘇神社と、阿蘇神社に関係の深い健軍神社・甲佐神社・郡浦神社の三社
[熊本県]初詣で人気の神社、その人出は? 参拝者数ランキングと、古事記の神々へのリンク
重要無形民俗文化財「阿蘇の農耕祭事」 - 四季を通じて収獲祈願から豊作感謝までの祭事

神社の創建年代 - 神代から、神武・神功・継体、そして昭和期まで、主な神社を順に並べた
阿蘇神社で「田実祭」、神武天皇の二人の妻とそれらの子をまとめてみた - 熊本・阿蘇
『日本の神社 26号 (阿蘇神社) [分冊百科]』 - 御祭神は阿蘇神話ゆかりの、神武天皇の子孫
熊本県の別表神社 | 別表神社とは? - 神社本庁に属する神社の現代版官国幣社
熊本県の神社 - 本サイトに掲載されている神社で、熊本県に鎮座している神社の一覧
阿蘇神社の御朱印