国宝「海部氏系図」を伝えるもう一つのアマテラスの系譜、元伊勢の一つ
[住所]京都府宮津市字大垣430
[電話]0772-27-0006

籠神社(このじんじゃ)は、京都府宮津市にある神社。元伊勢の一社であり、「元伊勢籠神社」とも称する。参拝すれば、御朱印を頂ける。

『延喜式神名帳』にある「篭神社(丹後国・与謝郡)」に比定される式内社(名神大社・月次新嘗)。山陰道において、唯一の月次新嘗の奉幣を受けた名社である。

歴史的な一宮としての丹後国一宮で、近代社格は国幣中社。現在は神社本庁の別表神社「全国一の宮会」に加盟している。

国宝『籠名神社祝部氏係図』『籠名神宮祝部丹波国造海部直等氏之本記』、いわゆる「海部氏系図」で有名であり、現在まで海部氏が神職を担当している。

主祭神は彦火明命(ひこほあかりのみこと)。天火明命、天照御魂神、天照国照彦火明命、饒速日命ともいうとする。海部氏の祖神。天火明命は、ニニギの兄であり、やはり同じく天孫。『古事記』には尾張国造の祖とある。

相殿神として、豊受大神天照大神、海神(わたつみのかみ=ワタツミ三神<ソコツワタツミノカミナカツワタツミノカミウハツワタツミノカミ>、海部氏の氏神)、天水分神(あめのみくまりのかみ)。

社伝によれば、豊受大神は、神代は「真名井原」の地(現在の奥宮・真名井神社)に鎮座したという。

その地は「匏宮(よさのみや、与佐宮・吉佐宮・与謝宮)」と呼ばれ、天照大神が4年間営んだ元伊勢の「吉佐宮」にあたるという。

白鳳11年(671年)彦火明命から26代目の海部伍佰道(いほじ)が、祭神が籠に乗って雪の中に現れたという伝承に基づいて社名を「籠宮(このみや)」と改め、彦火火出見尊(おほり)を祀ったという。

養老3年(719年)、真名井原から現在地に遷座し、27代海部愛志(えし)が主祭神を海部氏祖の彦火明命に改め、豊受・天照両神を相殿に祀り天水分神も合わせ祀ったと伝える。

一説に、廃絶あるいは不明とされている丹後国総社について、当社がその機能を有していたとみる向きもある。

なお系図には、古事記でも活躍するタケフルクマが、始祖から数えて第19世健振熊宿祢として登場する。

出宮、つまり境外摂社として、江之姫神社がある。

海上自衛隊の護衛艦「まつゆき」、護衛艦「あぶくま」の艦内神社に分祀しているという。「まつゆき」の艦内神社は厳島神社も、「あぶくま」の艦内神社は竹駒神社も、それぞれ勧請しているという。

「あぶくま」に関して、日本海軍の軽巡洋艦「阿武隈」の艦内神社は白河鹿嶋神社を勧請していた。

天橋立神社、当社、真名井神社の三社を巡る天橋立三社参りがある。

【ご利益】
家内安全、子孫長福、諸業繁栄、開運厄除、病気平癒ほか(公式HP
籠神社 - 国宝「海部氏系図」を伝えるもう一つのアマテラスの系譜、元伊勢の一つ
【関連記事】
名神大社とは? - 名神祭の対象となる神々、式内社の中でも特異、その細かな特徴は?
一宮とは? - その地域の中で最も社格の高いとされる神社のこと、根強い一宮めぐり人気
歴史的な一宮とは? - 『中世諸国一宮制の基礎的研究』が底本、資料で確認できる一宮
「全国一の宮会」加盟社とは? - 歴史的な一宮や、新一の宮などを含めた現代版一宮
総社 - 信仰も手間を省ける、極めて日本的な制度、旧郡国ごとの総社のまとめ・一覧

近代社格の国幣中社とは? - 北海道から九州地方までまんべんなく分布、一宮も多い
国宝が伝わる神社 - 所蔵、所有、由来している美術工芸品が国宝に指定されている神社
天橋立三社参り - 神秘的な日本三景の一つに点在するパワースポット古社三社を巡拝する
艦内神社とは? - 日本特有の「恐怖の海」への対処法 - 自衛艦の艦内神社
神社の創建年代 - 神代から、神武・神功・継体、そして昭和期まで、主な神社を順に並べた

相川七瀬 - 『太陽と月の結び』に掲載されている神社 - 東国と伊勢、京都、対馬・壱岐、宮崎
真名井神社 - 丹後国一宮・籠神社の奥宮、伊勢の神宮の内宮・外宮の発祥の地の一つ
豊受大神宮 - 伊勢の神宮のもう一つの正宮・外宮、先祭や外宮から参拝のしきたり
『日本の神社全国版(81) 2015年 9/1 号 [雑誌]』 - 「日本創世神話の地・天橋立」籠神社
京都府の別表神社 | 別表神社とは? - 神社本庁に属する神社の現代版官国幣社

京都府の神社 - 本サイトに掲載されている神社で、京都府に鎮座している神社の一覧
籠神社の御朱印
まつゆき - Wikipedia
あぶくま - Wikipedia