考古学六十年 (1973年)
・刊行:1973
・著者:梅原末治
・出版:平凡社

・『考古学六十年 (1973年)』をアマゾンで購入

梅原 末治(うめはら すえじ、1893年8月13日 - 1983年2月19日)は、日本の東洋考古学者。京都大学名誉教授。日本考古学の基礎を築いた。文学博士(京都帝国大学、1939年)。大阪府南河内郡古市村(現羽曳野市)出身。

子息は、京都大学名誉教授(人文科学研究所)の梅原郁(東洋史、宋代官僚制・司法制度研究で、2010年日本学士院賞受賞)。

大正10年、11年と発表した論文、特に「考古学上より観たる上代の畿内」(『考古学雑誌』14-1,2・T12)において、師である富岡謙蔵の説を発展させ、九州北部の甕棺や銅剣・銅鉾文化と、畿内の銅鐸文化の違いについて述べ、考古学的には邪馬台国は畿内の大和にあったとした。

師の富岡とともに、考古学者が中心となる、邪馬台国畿内説の嚆矢となる。

【関連記事】
【邪馬台国論争】今までの研究・論争まとめ - 畿内説