・刊行:1948
・著者:石田幹之助
・出版:要書房

・『唐史叢鈔 (1948年)』をアマゾンで購入

石田幹之助(いしだ みきのすけ、1891年12月28日 - 1974年5月25日)は、日本の歴史学者、東洋学者。國學院大學や大正大学、日本大学などで教授をつとめた。芥川龍之介とは、一高同級生の友人だった。

白鳥庫吉の弟子筋にあたる石田は、「魏志の倭人伝に就いて」(『日本歴史』第二巻第三号、昭和22年(1947年)7月)などで、邪馬台国について、その所在地を福岡県筑後川流域に比定している。

【関連記事】
【邪馬台国論争】今までの研究・論争まとめ - 九州説 - 福岡県