大稲荷神社(神奈川県・小田原市 境内社に錦織神社あり)の境内の様子 手前右手から境内社の愛宕神社、中央が錦織神社、左手奥が大稲荷神社
・小田原駅西口徒歩7-8分
・小田原駅西口出て、右に行く(左に行かない)

2015年テニス全豪オープン。期待された錦織圭選手でしたが、準々決勝で惜しくも敗退!

【錦織圭】2015全豪オープン - 1回戦 | 2回戦 | 3回戦 | 4回戦 | 準々決勝

それでも、2014年全米オープン準優勝以来(それ以前からももちろん期待の選手でしたが)、一躍脚光を浴びるようになったアスリート。次の四大大会は5月末から始まる全仏オープン(予定)。またまた活躍してくれることでしょう。非常に楽しみです。

さて、錦織選手に注目が集まる中、急に脚光を浴びた神社があります。

錦織神社

です。大阪府富田林市などにもありますが、今回は神奈川県小田原市の神社について。

小田原の錦織神社は、正確には大稲荷神社(だいいなりじんじゃ)。その境内社に錦織神社(にしこりじんじゃ)があります。

錦織選手の姓と読みが同じであり、お祀りされているのはそのものズバリ、錦織大神(にしこりおおかみ)。日本広しとは言え、「錦織大神」という神はここにしかいないかもしれません。
錦織圭 in 楽天ジャパンオープン2012 優勝への全記録 [DVD]
多くのテニス愛好家が必勝祈願やテニス上達を祈願しに訪れるようになっている、とのこと。また、やはり錦織選手にちなんだ、隠れたパワースポットとしても定着しつつあるようです。

すでに錦織神社について説明はしたことがありますが、今回は、そこに参拝に行ってまいりましたので、何度かに分けてご報告。神社そのものの詳細は既報の方もあわせてごらんください。

さて、ネット上の案内などでは、小田原駅西口徒歩5分などとありますが、ちょっと説明が必要かと。まず時間ですが、少し余裕を見て、7-8分は考えた方が良いかもしれません。

小田原駅西口出てどう行くか。

この神社の場合、結構ポイントです。地図アプリなどの表示では、左回り、右回りのコースが表示され、どちらも所要時間は同じ、と書かれている場合がありますが、

正解は右回り
小田原駅西口ロータリーの北条早雲公の乗馬銅像
西口出て、正面に北条早雲の乗馬銅像を見て、右(早雲公の背中、馬のお尻の方)に行きます。ロータリーをまわりこみつつ、ロータリーを抜けた先の県道73号をそのまま右へ、方角的には北東になるでしょうか。

少し下るような感じで県道73号を少し進むと、新幹線の高架まで行きます。新幹線の高架はくぐらずに、そこを左へ入りますので、その当たりで道路を渡ります。

道路を渡ると、高架沿いに行く道と直進する道があるので、後者、直進する道に入ります。その後は道なり。

左手に石碑や看板が見えてきます。
大稲荷神社(神奈川県・小田原市 境内社に錦織神社あり)の石碑や看板 - ぶっちゃけ古事記
そこを左に入り、進むと、右手に大きな鳥居が見えてきます。
大稲荷神社(神奈川県・小田原市 境内社に錦織神社あり)の鳥居 - ぶっちゃけ古事記
到着です。

さて、小田原駅西口から出て、左回りで行った場合(最初、こちらで行ってしまった><)。

緩やかそうに見えますが、相当距離があるので、結構しんどい上り坂の道となります。

そうしていくと、神社の裏手に出てしまいます。そこからも入れるようになっているようなので、到着はしますが、いきなり本殿の裏側です。鳥居から入る、という神社参拝の作法にかなわず、興ざめです。
大稲荷神社(神奈川県・小田原市 境内社に錦織神社あり)、裏手門から
裏手を通り過ぎて、そのまま進んで正面に出られるようではありますが、そうなるとかなり遠回り。だから、

小田原駅西口から、右手に進む

ことが重要となります。右手に行くと、上り坂はなくなります。その代わり、鳥居をくぐった後、境内に至るにはその分だけの階段を上ることにはなります。
大稲荷神社(神奈川県・小田原市 境内社に錦織神社あり)境内の階段
ただ、それはそれでまた神社ご参拝の醍醐味、やはり右回りに行かなければいけない神社です。