邪馬台国とは何だろうか―創造的な剽窃による純粋に推理だけの探偵小説
・刊行:2008/1
・著者:眞木林太郎
・出版:アドスリー

・『邪馬台国とは何だろうか―創造的な剽窃による純粋に推理だけの探偵小説』をアマゾンで購入

奔放な創造力を働かせて、邪馬台国の発生と展開を空想し、その中で卑弥呼とその後継者の活動を推理。

その中心地を佐賀県小城市の三日月町に設定。

創造的な剽窃によって、純粋に推理だけの探偵小説を試みる。

【関連記事】
【邪馬台国論争】今までの研究・論争まとめ - 九州説 - 佐賀県

管理人了
“創造的な剽窃”の意味がいまいちよく分からないが、むしろより多くの出典を明記し、論を進めている。

書き方が特徴的であり、嵌れば読みやすいかもしれないが、結局何が言いたいのかが分かり難くなり気味。

同じ三日月町説の後藤幸彦とは、上梓以前に連絡を取っていた間柄で、お互いがお互いを認めている。
眞木