「日本アルプスの総鎮守」山の神も、御祭神は日本を代表する海神
[住所]長野県安曇野市穂高6079
[電話]0263-82-2003

穂高神社(ほたかじんじゃ)は、長野県安曇野市にある神社。『延喜式神名帳』にある「穂高神社(信濃国・安曇郡)」に比定される式内社(名神大社)。信濃国三宮。近代社格では国幣小社、現在は神社本庁の別表神社

安曇野市穂高の本宮(里宮)のほか、松本市安曇の上高地に奥宮、奥穂高岳山頂に嶺宮があることから、「日本アルプスの総鎮守」の通称がある。

本宮の主祭神は、中殿が穂高見命(ほたかみのみこと)、左殿が綿津見命(わたつみのみこと)、右殿が瓊々杵命(ににぎのみこと)。

当社一帯は古来より安曇氏(あづみし/あずみし、阿曇氏とも)の定着地で、御祭神はそのゆかりによる。

ウツシヒカナサクノミコトはワタツミ三神と呼ばれるソコツワタツミノカミナカツワタツミノカミウハツワタツミノカミの子とさる。この三柱はイザナギの禊の時に生まれた神々。

一方で、ニニギとのつながりで言えば、その子・山幸彦の義父となるのがオオワタツミ。イザナギとイザナミの神産みの際に生まれる神。ワタツミ三神とこのオオワタツミは別の神、あるいは同一の神と、様々な説がある。

当社の創建は不詳だが、定着した安曇氏によって祖神が祀られたのが創祀とされるため、6世紀ごろと考えられている。安曇氏は海人の一族で、福岡県志賀島の志賀海神社が発祥地であり、古事記にもワタツミ三柱及びウツシヒカナサクノミコトが祖と明記されている。

毎年9月27日に行われる例大祭(御船祭)が有名。

参拝すれば、御朱印を頂ける。本宮の他、奥宮のものもある。

なお、沙田神社(松本市)も信濃国三宮。

【ご利益】
海、山という区別は特になく、殖産興業の神、転じて産業振興、金運、登山安全(公式HP
穂高神社 - 「日本アルプスの総鎮守」山の神も、御祭神は日本を代表する海神
【関連記事】
名神大社とは? - 名神祭の対象となる神々、式内社の中でも特異、その細かな特徴は?
近代社格の国幣小社とは? - 官幣小社5社に比して10倍の実に50社、一宮もいくつか含む
神社の創建年代 - 神代から、神武・神功・継体、そして昭和期まで、主な神社を順に並べた

『日本の神社全国版(115) 2016年 4/22 号 [雑誌]』 - 長野県、信州に千古の歴史を残す社
長野県の別表神社 | 別表神社とは? - 神社本庁に属する神社の現代版官国幣社
長野県の神社 - 本サイトに掲載されている神社で、長野県に鎮座している神社の一覧
穂高神社の御朱印