伊勢神宮に仕える皇女・斎宮跡 (シリーズ「遺跡を学ぶ」)
・刊行:2009/6
・著者:駒田利治
・出版:新泉社

・『伊勢神宮に仕える皇女・斎宮跡 (シリーズ「遺跡を学ぶ」)』をアマゾンで購入

かつて天皇にかわり、未婚の皇女が都から伊勢におもむき、伊勢神宮に祈りをささげる制度があった。

その皇女の宮殿、斎宮は長く幻の宮と伝承されてきたが、発掘調査によって、平城宮をモデルとした広大な官衙であることが明らかとなった。

皇女の宮を復元、追及する。

斎宮跡は三重県多気郡明和町にある斎宮寮の遺跡。

【関連記事】
15年6月6、7日に第33回斎王まつり、斎王役に前田彩乃さん、子ども斎王役に石谷好花さん
国史跡・斎宮跡の復元工事が順調 古代の工具、工法用いて2015年7月の完成を目指す