富山県黒部市の八心大市比古神社 - Wikipedia
北陸新幹線で行く式内社

2015年3月に開通する北陸新幹線。今回延伸される長野―金沢間の各駅ごと、その所属する市にある式内社をご紹介。今回は黒部宇奈月温泉駅(富山県・黒部市)。

黒部市は一社、越中国新川郡の八心大市比古神社に比定されている八心大市比古神社です。三嶋大社(静岡県・三島市)と同じ御祭神オオヤマツミをお祀りし、もともとは三島大明神と呼ばれていた、といいます。

写真は八心大市比古神社(出典:Wikipedia)。

しかし、三島とのかかわりが深くなったは鎌倉時代からのことで、現在でも元に社が鎮座していた場所に「三島の大ケヤキ」と呼ばれる見事な樹木があります。市指定の天然記念物となっているようです。

一緒に祀られているスクナビコナカグツチ。それぞれ著名な神様ではありますが、あまり三嶋大社系、オオヤマツミと関わりの深い神様とは言えない面もあり、延喜式の頃(延長5年(927年))やそれ以前は、また違った形だったのかもしれません。

式内社は少なく見積もっても1000年以上の歴史があり、多くは創建が1500-2000年前という古事記時代までさかのぼる古社ばかり。北陸新幹線にご乗車の際には、そうした1000年以上の歴史を有し、祀られてきた強烈なパワースポットとしての古社をめぐるのも良いかもしれません。

旅の読み物に! 北陸新幹線と古事記

八心大市比古神社

式内社 八心大市比古神社(越中国・新川郡、小社)   その他:-
■御祭神:大山祇神少彦名神軻遇突智神
■所在地:富山県黒部市三日市1036


北陸新幹線の駅:  長野駅 -  飯山駅 -  上越妙高駅 - 糸魚川駅 - 黒部宇奈月温泉駅 - 富山駅 - 新高岡駅 -  金沢駅

【関連記事】
北陸新幹線で古代日本に触れる - 長野―金沢間のパワースポット・式内社を紹介