卑弥呼は何を食べていたか (新潮新書)
・刊行:2012/12/15
・著者:廣野卓
・出版:新潮社

・『卑弥呼は何を食べていたか (新潮新書)』をアマゾンで購入

日本人の祖先は何を食べていたか? 卑弥呼の食卓を飾った料理とは? 仁徳大王、文武天皇、長屋王など古代の大和王朝の宴にあがった人気のメニューとは?

木簡などの遺物から、その食世界を覗いてみると……

アワビ、エビ、カニ、焼肉、鴨、スッポン、フグ、チーズ、サラダ、そして美酒やデザートなど……

新鮮で豊かな医食同源のメニューが浮かび上がってきた!

邪馬台国で卑弥呼に捧げられたご馳走、古代の宮廷料理、遣魏使の御弁当など、垂涎の美味なる「古代の食卓」が今、よみがえる!