卑弥呼は福岡市付近にいた―邪馬台国は伊都国の近くにあった
・刊行:2013/5
・著者:萱島伊都男
・出版:創英社/三省堂書店

・『卑弥呼は福岡市付近にいた―邪馬台国は伊都国の近くにあった』をアマゾンで購入

伊都国を通して見たら邪馬台国がすぐそこに見えた!『魏志倭人伝』の「一大率」に関する記述、また弥生の絹の出土状況から、邪馬台国は福岡市付近に絞られる。知られざる古代福岡の姿が今明かされる。福岡出身の著者による衝撃の書。

【関連記事】
【邪馬台国論争】今までの研究・論争まとめ - 九州説 - 福岡県