謎の古代豪族 葛城氏(祥伝社新書326)
・刊行:2013/7/1
・著者:平林章仁
・出版:祥伝社

・『謎の古代豪族 葛城氏(祥伝社新書326)』をアマゾンで購入

5世紀にヤマト王権の内政・外交を主導し、天皇(倭国王)と並ぶ権勢を誇った葛城氏。しかし、高校教科書『詳説日本史』では、脚注で一回登場するのみ。

武内宿禰(たけしうちのすくね、建内宿禰)を祖とする、その基盤は葛城地域(現在の奈良県御所市・葛城市他)であり、天皇家と奈良盆地を二分した。

葛城氏滅亡後、祖を同じくする蘇我氏は、なぜかその地に執着し、所望したが、推古天皇は拒絶した。

一族の女性たちを次々に入内させ、天皇家の外戚となるも、5世紀末頃に忽然と滅亡した葛城氏。

その滅亡は『古事記』『日本書紀』には記載がなく、謎とされる。葛城氏の実像と盛衰をあきらかにするとともに、ヤマト王権の実態に迫る。