「邪馬台国」はなかった―解読された倭人伝の謎 (古田武彦・古代史コレクション)
・刊行:古田武彦
・著者:2010/2
・出版:ミネルヴァ書房

・『「邪馬台国」はなかった―解読された倭人伝の謎 (古田武彦・古代史コレクション)』をアマゾンで購入

「魏志倭人伝」に「邪馬台国」という国名は存在しない―。あまりにも明白なこの事実がいかにながらく無視されてきたか。これで日本の歴史学ははたして成り立つのだろうか。

原文の徹底した史料批判から、女王国が全貌を現わし、旧い日本の歴史像を一変する。長文の書き下ろし「日本の生きた歴史」を新たに加えて、待望の復刊。

初版は1969年。邪馬台国論争に大きな波紋を起こす、画期的な書。

古田氏は邪馬台国論争において、邪馬台国の位置を「九州の福岡県福岡市」に比定しているとされる。

【関連記事】
【邪馬台国論争】今までの研究・論争まとめ - 九州説 - 福岡県
[訃報]古田武彦氏(89歳)が2015年10月14日に死去、「邪馬壹国」(やまいちこく)論者
藤井勝彦『邪馬台国 古代日本誕生の謎 (Truth In History)』
山田宗睦『魏志倭人伝の世界―邪馬台国と卑弥呼 (1979年)』 - 邪馬台国九州説
弘中芳男『古地図と邪馬台国―地理像論を考える』 - 室賀信夫の地図論の徹底批判