大神氏の研究 (日本古代氏族研究叢書)
・刊行:2014/5/22
・著者:鈴木正信
・出版:雄山閣

・『大神氏の研究 (日本古代氏族研究叢書)』をアマゾンで購入

伊勢・出雲と並ぶ日本有数の古社である大神神社と、その淵源となった三輪山での祭祀をもって大和王権に仕え、古代国家の形成期に大きな足跡を残した大神氏。氏族としての動勢・職掌・系図の分析を通して、その実態を解明する。

【関連記事】
加藤謙吉『ワニ氏の研究 (日本古代氏族研究叢書)』 - 成立から発展、有力氏族の変遷
寺西貞弘『紀氏の研究―紀伊国造と古代国家の展開 (日本古代氏族研究叢書)』
篠川賢『物部氏の研究 (日本古代氏族研究叢書)』 - 物部氏の系譜にみるウヂの実態