古事記において最も頻出する神社は元祖・剣の神社、脈々と続く尊崇
[住所]奈良県天理市布留町384
[電話]0743-62-0900

石上神宮(いそのかみじんぐう)は、奈良県天理市布留町にある神社。参拝すれば、御朱印を頂ける。

『延喜式神名帳』にある「石上坐布留御魂神社(大和国・山辺郡)」に比定される式内社(名神大社・月次相嘗新嘗)で、二十二社(中七社)の一社。近代社格は官幣大社、現在は神社本庁の別表神社

神名帳の他に、『延喜式』巻3「臨時祭」祈雨神祭条に「石上社一座」とあり、祈雨神祭85座に含まれる。

桜井市の大神神社が『古事記』にも最も古い時期に記された神社であれば、当宮は『古事記』において最も頻出する神社と言える。

また、11月22日に宮中でも行われる鎮魂祭を行うことで、物部神社(島根県大田市)および彌彦神社(新潟県弥彦村)とともに有名。

御祭神は布都御魂大神(ふつのみたまのおおかみ)、布留御魂大神(ふるのみたまのおおかみ)、布都斯魂大神(ふつしみたまのおおかみ)。いずれも剣。

布都斯魂大神は、スサノヲヤマタノオロチを退治した時の十拳剣として登場し、第10代崇神天皇の時代に岡山県赤磐市の石上布都魂神社から移されたとされるが、布留御魂大神は古事記には登場しない。

布留御魂大神は物部氏の祖ニギハヤヒが降臨する際に授けられたとされる天璽十種瑞宝とされる。当神宮は古くから物部氏に宝物の管理などが委ねられるなど、物部氏とゆかりが深い。

物部氏が没落したためか、古事記以降では第40代天武天皇の時代に祟ったり、戦国時代には織田信長の侵攻に屈するなど、歴史の表舞台からは徐々に消えていく。

しかしそれでも、氏子を中心とした信仰は脈々と続き、朝廷からも一貫して高い尊崇を受け続けた。

明治16年(1883年)に神宮号宣下があり現社名になった。

本社拝殿と、境内摂社で、式内社でもある出雲建雄神社の拝殿国宝に指定されている。やはり国宝の「七支刀」(しちしとう、ななつさやのたち)は有名。

文保2年(1318年)建立の楼門など、国の重要文化財に指定されているものも多い。

【ご利益】
健康長寿、病気平癒、除災招福、百事成就(公式HP
石上神宮 - 古事記において最も頻出する神社は元祖・剣の神社、脈々と続く尊崇
【関連記事】
名神大社とは? - 名神祭の対象となる神々、式内社の中でも特異、その細かな特徴は?
祈雨神祭85座とは? - 畿内の式内大社で祈雨・雨乞いに霊験が強い52社85柱の神々
神宮とは? - 現在は自主判断も、原則として特別な由緒がある神社でなければ名乗れない
二十二社とは? - 上七社、中七社、下八社ごとに、それぞれの神社の詳細と動画、そのご利益
近代社格制度の官幣大社とは? - 廃絶・未鎮座を除く59社、現時点で65社の神社の一覧表

社殿が国宝に指定されている神社 - 日本広しといえどもわずかに27社しかない超レア神社
“神宮”怨霊説を検証する - 神宮にいる歴代天皇はみな怨霊! 鹿島神宮のフシギとは?
鎮魂祭を伝承する社 - 奈良天理の石上神宮、新潟弥彦村の彌彦神社、島根大田の物部神社
神社の創建年代 - 神代から、神武・神功・継体、そして昭和期まで、主な神社を順に並べた
石上神宮を去る - 鶏、牛の像、ワカタ、そして柿本人麻呂 まだまだ話題豊富な古社

出雲建雄神社 - 謎が多すぎる石上神宮の摂社・末社の中でも、「なぜ出雲、なのか?」
石上神宮 - 古事記などの伝承通りの神々や剣、崇神天皇の御世の創建の古社
【古事記紀行2014】(5)古事記にはっきり記載されている唯一の神社・石上神宮
週刊 日本の神社 2014年 11/25号 [分冊百科]』 - 石上神宮、その縁起やご祭神など
奈良県の別表神社 | 別表神社とは? - 神社本庁に属する神社の現代版官国幣社

奈良県の神社 - 本サイトに掲載されている神社で、奈良県に鎮座している神社の一覧
石上神宮の御朱印