室根神社祭のマツリバ行事(むろねじんじゃさいのまつりばぎょうじ)
種別1:風俗慣習
種別2:祭礼(信仰)
公開日:閏年翌年の旧暦9月17-19日(超レア:次回は2017年)
指定日:1985.01.12(昭和60.01.12)
都道府県:岩手県
所在地:室根神社(一関市室根町折壁字室根山)

室根神社祭のマツリバ行事は、古く熊野神をこの地に勧請したと伝えられる室根神社で行われる祭礼である。

万治2年(1659)の『東山上折壁村風土記』中に初見するように古い伝統を継承するもので、現行では初日の17日までに諸準備を完了して関係者一同が南流神社(この地方の開拓神を祀るとされる)に参詣する。

2日目の18日には新たに造営した仮宮をロクシャクガシラ(陸尺頭)の管理に移し、諸役を分担する一同がマツリバソロイ(仮宮の前に勢揃い)する。

第3日目の19日には室根神社の神輿2基が室根山八合目に鎮座する山宮を暗闇のなかで発輿し、途中タウエダン(田植壇)と呼ばれる場所で農耕に関する行事を行い、山降りして里の仮宮(お旅所)へ渡御する等の行事次第を繰りひろげる。

この行事は、室根村を中心に気仙地方の2市3町2村13地区にまたがる氏子中が従来からの決まりの役割に就いて関与する。仮宮の所在するマツリバでは、2基の神輿による先着競い等があって安着された後、簀垣をめぐらした前庭で扇の舞・鈴の舞が奉納され、それに引き続いて、その外側に設けられたババ(馬場)で、荒馬先陣・ホロ(母衣)先陣と呼ばれるものが行われる。これにはダシ(ホロとも言い、肩担ぎされるものが多い)の行列が連なる。

この祭りは、荒馬祭りとも称され、従来、稲刈り後、麦まきを行うまでの時期になされたと伝えられる。厳格なジンヤク制によって分担され、3歳以上の雄馬を選定して人馬一体となり、荒馬先陣・キョクロク・ダシ等を繰り出すなど祭りの古態を良く止めているものである。

保護団体名:室根神社祭保存会
重要無形民俗文化財「室根神社祭のマツリバ行事」 - 古い伝統を継承する荒馬祭り
【関連記事】
室根神社 - 奈良時代に熊野から勧請、それ以来の特別大祭「マツリバ行事」が有名な古社
超レアな日本文化・祭り - 国の重要無形民俗文化財の中で毎年は見られないもののまとめ
岩手県の重要無形民俗文化財 - 都道府県別に整理