・所在地:和歌山県和歌山市岩橋

・時 期:6世紀-7世紀
・時 代:古墳時代後期
・形 状:前方後円墳
・特 徴:-
・指 定:国の特別史跡

【概要】
岩橋千塚古墳群に属し、古墳群全体として国の特別史跡。段築された後円部の径37-39メートル、高さ6-6.5メートル、前方部の最大幅は49-50メートル、高さ7.5メートル、墳丘長は80メートル前後、天王塚古墳と並ぶ、和歌山県下最大規模の前方後円墳。

1966年に調査が行われ、後円部中央にある埋葬施設は結晶片岩で作られた横穴式石室で、全長4.33メートル、幅2.38メートル、高さ2.85メートル。倭製四神四獣鏡、鉄斧、鉄刀、杏葉、須恵器、土師器などが出土している。古墳時代の後期の築造。

円筒埴輪などが採取されており、墳丘には埴輪の配列がなされていた。紀伊風土記の丘公園内にあって、保存されており、紀伊風土記の丘資料館では出土品などを展示している。

【関連サイト】
大日山35号墳

【関連記事】
岩橋千塚古墳群「大日山35号墳」に市民手作りの埴輪を設置、ガイドツアーも - 和歌山
大日山35号墳で市民らが埴輪を復元、2015年3月7日に設置、セレモニー - 和歌山