・所在地:大阪府羽曳野市軽里2丁目

・時 期:6世紀初頭
・時 代:古墳時代後期
・形 状:前方後円墳
・特 徴:-
・指 定:国の史跡

【概要】
古市古墳群に属し、その南西部に位置する古墳時代後期の前方後円墳。国の史跡に指定されている。

墳丘の長さ96メートル、前方部の幅74.4メートル・高さ10.5メートル、後円部は直径56メートル・高さ9メートル。

江戸時代には、第十二代景行天皇の皇子ヤマトタケルの陵として日本武尊白鳥陵に比定されていた(現在ヤマトタケルの陵は、軽里大塚古墳に比定されている)。また、第十九代允恭天皇の皇子、同母妹との近親相姦に走ったために皇太子を廃された木梨軽皇子(カルミコ)の墓との伝承もあった。

墳丘は二段に築かれており、二段目斜面の裾部分のみに数段の角礫が葺いてあるほかは、表面に葺石はみられない。 平成4年(1992年)の発掘調査で、後円部墳頂中央部の盗掘壙(とうくつこう)を掘り進めた結果、竪穴式石室が現れた。

石室や盗掘壙から、大刀・鉄鏃などの武器、挂甲小札(けいこうこざね)などの武具、轡(くつわ)・鐙(あぶみ)などの馬具、装身具、玉類などが大量に出土。また、成人男性の骨や歯なども出土。 出土した埴輪や横穴式石室の特徴から、6世紀初頃の築造と考えられている。

また、発掘調査により、二重濠をもつ古墳であることが判明。内濠の幅約11メートル、内堤の幅約18メートル、外濠の幅約8メートル、墓域は総長約168メートル、幅約148メートルの大規模なものとなる。

古墳時代後期には古墳が全般的に縮小傾向をみせるなかで、二重濠を持つ古墳を築造できた被葬者は大王級の権力のある人物であったと推測される。

世界遺産への登録を進めている百舌鳥・古市古墳群のリストにおいて、「峯ヶ塚古墳(みねがづかこふん)」として、前方後円墳(96m)、NO.F40で設定されている。百舌鳥・古市古墳群のリストにおける古市古墳群のリストも参照。

【関連サイト】
峯ヶ塚古墳 - Wikipedia

【関連記事】
百舌鳥・古市古墳群 - 大阪初の世界遺産登録を目指す、世界に誇る古事記時代の建造物群