・所在地:大阪府堺市北区百舌鳥陵南町3丁目

・時 期:6世紀前半
・時 代:古墳時代後期
・形 状:円墳
・特 徴:-
・指 定:国の史跡

【概要】
百舌鳥古墳群に属し、径26メートルの円墳。独立した古墳。陵南中央公園内で保存されている。6世紀前半以降の築造と考えられる。正楽寺山古墳と隣接するように築造されている。

世界遺産への登録を進めている百舌鳥・古市古墳群のリストにおいて、「ドンチャ山古墳(どんちゃやまこふん)」として、円墳(26m)、NO.M43で設定されている。百舌鳥・古市古墳群のリストにおける百舌鳥古墳群のリストも参照。

【関連サイト】
いたすけ古墳・ニサンザイ古墳周辺 - 堺市

【関連記事】
百舌鳥・古市古墳群 - 大阪初の世界遺産登録を目指す、世界に誇る古事記時代の建造物群