・所在地:大阪府堺市西区上野芝町6丁目

・時 期:5世紀
・時 代:古墳時代中期
・形 状:前方後円墳
・特 徴:-
・指 定:-

【概要】
百舌鳥古墳群に属し、墳丘長50メートルの前方後円墳で、前方部は短い帆立貝形をしている。すでに消滅している百舌鳥大塚山古墳の陪塚の可能性があるとされる。

世界遺産への登録を進めている百舌鳥・古市古墳群のリストにおいて、「かぶと塚古墳(かぶとづかこふん)」として、帆立貝形墳(50m)、NO.M33で設定されている。百舌鳥・古市古墳群のリストにおける百舌鳥古墳群のリストも参照。

【関連サイト】
履中天皇陵古墳周辺 - 堺市

【関連記事】
百舌鳥・古市古墳群 - 大阪初の世界遺産登録を目指す、世界に誇る古事記時代の建造物群