・所在地:京都府木津川市山城町

大王(オオキミ)墓候補

・時 期:3世紀末
・時 代:古墳時代前期
・形 状:前方後円墳
・特 徴:-
・指 定:国の史跡

【概要】
築造期は3世紀末、山城地方最大の前方後円墳。破壊が進んでいて、本来の規模については未だよく分かっていない。後円部はJR奈良線によって分断されている。国の史跡指定を受けている。

墳丘は全長約175メートル、後円部は直径約110メートル・高さ20メートル、前方部は長さ約80メートル・高さ約10メートルと推定される。前方部が撥(ばち)形に開き、濠が認められていない。水をたたえていない古墳は畿内では稀。

古墳は山塊のなかに造営され、盛土も部分的におこなっている。墳丘の大部分は自然地形の高まり、つまり、自然の山を利用しているので、一見、丘陵の一部のよう。このような造り方は、最古級の古墳に多いという。

埋葬施設は、定型化した南北長6.9メートル、幅1メートル、高さ3メートルの竪穴式石室に板石・割石を積んで壁を立ち上げ、天井も板石を置き粘土で厚く覆っている。床には板石・礫・砂を敷き、その上に粘土を施し、長大なコウヤマキの割竹形木棺を安置。石室内には朱が塗られ、粘土床には10キログラムを超える水銀朱がまかれていた。

昭和28(1953年)、国鉄奈良線の拡幅工事の際に竪穴式石室が偶然発見され、32面もの三角縁神獣鏡が出土。内行花文鏡2面、方格規矩鏡1面、画文帯神獣鏡1面など計36面以上の鏡と武具が出土した。

寺戸大塚古墳(京都市・向日市)から出土した三角縁神獣鏡が、椿井大塚山古墳のものと同氾関係にあると見られ、椿井大塚山古墳の被葬者の支配下にあった者の墓ではないかと言われている。
椿井大塚山古墳(京都府・木津川市) by Googleアース - ぶっちゃけ古事記
【関連サイト】
椿井大塚山古墳 - Wikipedia

【関連記事】
4世紀前半の前方後円墳・寺戸大塚古墳など2件が国の史跡指定へ - 京都では計84件に
椿井大塚山古墳出土の三角縁神獣鏡(13号鏡) - 坪井清足監修『卑弥呼の時代を復元する―復元するシリーズ〈1〉』P13